このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

InfoPrint 1000J トナーカートリッジの交換方法

取り扱い注意

PDFダウンロード(901KB)

トナー(使用済みトナーを含む)または、トナーの入った容器や感光体ユニットを火中に投入しないでください。トナー粉がはねて、やけどの原因になります。

重要
  • 前カバーを開けたまま長時間放置しないでください。トナーカートリッジは、長時間光に当てると性能が低下します。トナーカートリッジの交換はすみやかに行ってください。

機械内部には高温の部分があります。「高温注意」のラベルの貼ってある周囲には触れないでください。やけどの原因になります。

トナー(使用済みトナーを含む)または、トナーの入った容器は、子供の手に触れないようにしてください。

レジストローラー周辺の清掃は、プリンターの電源が切れていて、プリンター本体が常温であることを確認してから行ってください。やけどの原因になります。

トナーカートリッジ等の消耗品や部品は、IBM指定の製品により、プリント品質を評価しています。品質維持のため、IBM指定のトナーカートリッジ、または交換部品をご使用ください。

補足
  • トナーカートリッジを斜めに立て掛けたり逆さまにしないでください。
  • 交換用トナーカートリッジの印刷可能ページ数は、目安としてタイプA が約6,000 ページ、タイプBが約15,000ページです。
    この印刷可能ページ数はA4L 5%チャートを印刷した場合の目安で、実際の印刷可能ページ数は、印刷する用紙の種類・サイズ、印刷内容、環境条件によって異なります。
    トナーカートリッジは使用期間によっても劣化するため、上記ページ数より早く交換が必要になる場合があります。

交換手順

1.前カバーオープンボタンを押して前カバーを開けます。

2.トナーカートリッジの取っ手を持ち、少し持ち上げながら手前に引き抜きます。

3.金属製のレジストローラーの位置を目安に、水を固く絞った布でレジストローラー周辺の紙粉を拭きとります。

重要

  • アルコールや洗浄剤などは使用しないでください。

4.新しいトナーカートリッジを梱包箱から取り出します。

5.トナーカートリッジを水平な場所に置き、片手を添えながらトナーシールを2本水平に引き抜きます。

必ず上図の方向に置いて①②の順番でシールを引き抜いて下さい。

重要

  • トナーシールを引き抜かないで使用すると故障の原因になります。必ずトナーシールを2本とも引き抜いてから使用してください。
  • トナーシールを引き抜くときは、トナーカートリッジを水平にしてください。立てたり、斜めにした状態で引き抜くと故障の原因になります。
  • トナーシールは必ず水平に引き抜いてください。上方向や下方向に引き抜くとトナーがこぼれやすくなる原因になります。
  • トナーカートリッジを振ったり、衝撃を与えたりしないでください。印刷面の汚れや、トナーこぼれ、故障の原因になります。
  • 手や衣服を汚さないように注意してください。

6.トナーカートリッジの取っ手を持ち、プリンター内部に押し込みます。