このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu

Ridoc Document Router Pro Version1

機能概要

文書数/システム 推奨1,000文書以下
入力方法 ネットワークスキャナー機能 *1 解像度:100、200、300、400、600dpi
受信FAX配信機能 *1 *2 配信識別方式:Fコード(SUB) 、パーソナル親展ID(リコー機の場合)、TSI(送信元情報)
配信(閲覧)方法 電子メールによる配信 添付ファイルでの配信、リンク情報の配信
Webブラウザによる閲覧 文書の削除、閲覧、ダウンロード
Windowsフォルダへの配信
アプリケーション連携 Ridoc Desk 2000/2000Lt、Ridoc Document Server、Ridoc Document Server Pro、Microsoft SharePoint Portal Server
その他機能 *3 天地識別機能、タイトル抽出機能、キーワード抽出機能、全文検索データ作成機能
対応ファイルフォーマット シングルページTIFF(MH/MR/MMR)、マルチページTIFF(MH/MR/MMR)、JPEG、PDF
対応メールシステム Lotus Notes R4.5以降(ただし、4.56/4.57は不可)、Microsoft Exchange V5.0以降、Microsoft Mail V3.51以降、各種SMTP/POPサーバー
  • *1:利用する機能によって対応しているスキャナー・FAX・プリンター(imagioシリーズ、RIFAXシリーズ、IPSiOシリーズ)の機種は異なる場合があります。詳しくは販売担当者におたずねください。
  • *2:imagioMFシリーズで受信FAXの配信を行なう場合には、Ridoc Document Router Proをインストールしたパソコンに別途FAXモデムのカードが必要になります。imagio MFシリーズで受信FAXの配信を行なう場合、PBX(交換機)経由となります。外部からのFAX文書を一度imagioで受け、内線でRidoc Document Router Proのパソコンに転送します。
  • *3:入力方法や配信(閲覧)方法によっては、対応しない機能もあります。

動作環境

パソコン環境 PC / AT 互換機
ディスプレイ 800×600 ドット以上、HighColor 以上
OS *1 Windows NT 4.0 Server SP6a 以上/Windows 2000 Server SP2 以上、Windows NT 4.0 Workstation SP6a 以上 *4/Windows 2000 Professional SP2 以上 *4/Windows Server 2003
CPU *2 Pentium III 500MHz以上動作可能、Pentium III 1GHz以上推奨
メモリー *3 256MB以上動作可能、512MB以上推奨
ハードディスク 空き容量が500MB以上、1GB以上推奨(残り250MBで警告・200MBで停止)
その他 メール送信アプリケーションとしてOSによって、Outlook97/2000/Notesクライアントのいずれかが必要
  • *1:日本語OS環境であることが条件です。
  • *2:OSが要求する最低スペックを満たしていることが必要です。
  • *3:OSが要求する最低スペックを満たしていることが必要です。また、扱う画像によってメモリーを増設しないと、正常に動作しない場合があります。
  • 運用や環境によってはシステムの処理に時間がかかる場合があります。