このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

産学官で取り組む、新たなまちづくり。
宇都宮市の挑戦。

にぎわい

画像:産学官で取り組む、新たなまちづくり。宇都宮市の挑戦。

2022年開業予定のLRT(次世代型路面電車システム)敷設に向け、宇都宮駅の東口が大きく変わります。
リコージャパンも海老名でのまちづくりの経験を活かし、継続的に参画。未来に向かって動き出しています。

INTRODUCTION(宇都宮市)

栃木県都・宇都宮市を中心とする都市圏は、政令指定都市を除く都市圏として日本最大です。
東洋経済新報社が毎年公表しているランキングでは、人口50万人以上の全国28都市のうち5年連続で「住みよさ1位」を獲得。
また、2019年7月には「SDGs未来都市」にも選定されました。

宇都宮市ホームページ:
https://www.city.utsunomiya.tochigi.jp/

画像:Introduction

PROJECT STORY

まちづくり組織の参画から、「まちづくりの部署」の立ち上げ。

宇都宮市とリコージャパンは、約3年前からまちづくり活動をスタートしています。
市職員の皆さんに、リコーのまちづくりの原点である海老名を見学していただいたり、市長へのプレゼンなどを通して、リコージャパンのまちづくりへの取り組みを知ってもらう活動を着実に続けてきました。
一方で、県央まちづくり協議会に参画し、地方公共団体と民間が連携したまちづくりの取り組みを進めてきました。

そして、2018年10月。これまでのオフィスの課題解決の枠を超え、事業を通じた栃木の社会課題解決を目指して、リコージャパン栃木支社内に全国初の「まちづくりの部署」が誕生しました。
リコージャパンが持つサービスやノウハウを、地域の活性化に活かす活動を進めています。

県央まちづくり協議会ホームページ:https://mid-tochigi-machi.or.jp/

画像1:まちづくり組織の参画から、「まちづくりグループ」の立ち上げ。
画像2:まちづくり組織の参画から、「まちづくりグループ」の立ち上げ。
1
画像3:まちづくり組織の参画から、「まちづくりグループ」の立ち上げ。

TOPICS

ボランティアポイントが生み出す、地域の活性化。

宇都宮市でのボランティア参加をポイント化。貯まったポイントを特産品やバスカードに交換することで、市民の活動を活性化させることを狙ったボランティアポイントシステムの構築および運営業務を受託しました。
市民の行政参加、人口減少を背景とした地域での担い手の醸成、地域コミュニティ活性化、そしてポイント交換による地域経済の活性化を応援する仕組みを整えました。

画像:ボランティアポイントが生み出す、地域の活性化。

日本遺産で、多言語通訳ツールの実証実験。

大谷は日本遺産に選定されており、宇都宮市も観光の目玉として力を入れています。
そこで、宇都宮市と協力し、大谷で観光客向けに「多言語音声ガイド」の社会実験を実施。ポスターやチラシの二次元コードをスマートフォンで読み込むことで、大谷の歴史や観光施設の情報を日本語と英語で聞くことが可能となりました。国内外の観光客の理解促進及び満足度のさらなる向上を目指しています。

画像1:日本遺産で、多言語通訳ツールの実証実験。

宇都宮大学様と共同で、LRT理解促進に向けた取り組み。

宇都宮市では東西基幹公共交通として、 LRTの2022年運行開始に向けた整備工事が進行しています。
路面電車敷設の経験がない宇都宮市においては、LRTが入った交通空間や交通安全教育が非常に重要となります。
そこで、宇都宮大学様 地域デザイン科学部 都市計画研究室と共同で、VR環境で体験できるコンテンツを作成し、市民への理解促進を図る取り組みを進めてきました。
現在では、市内の大型商業施設でたくさんの方に体験いただいています。

画像:宇都宮大学様と共同で、LRT理解促進に向けた取り組み。

REAL VOICE

新たな技術・サービスのまちづくりへの展開を期待します!

人口減少・高齢化など都市を取り巻く環境変化のスピードは速くなっています。
その対応策の一つがICTの活用です。社会の中に積極的にICTを取り入れていくことは、人々の暮らしを豊かに便利にしてくれます。
更に宇都宮では、全線新設のLRT整備が進められており宇都宮を中心に交通が変わります。ICTと交通を組み合わせたまちづくりで、栃木を一緒に盛り上げていきましょう!

画像:新たな技術・サービスのまちづくりへの展開を期待します!

国立大学法人 宇都宮大学
地域デザイン科学部
社会基盤デザイン学科
助教、博士(工学)
長田 哲平 様

中長期的に腰を据えて取り組んで参ります!

北関東最大の都市である宇都宮市。今、宇都宮市は、ネットワーク型コンパクトシティへのまちづくりに取り組んでいます。
2022年に予定されているLRTの開通、また、それに伴う宇都宮駅周辺の再開発、そして「SDGs未来都市」としての取り組みなど、産学官民が連携してまちづくりを進めるべき時がやってきています。
リコージャパンが持つノウハウやサービス、そして地域のネットワークを活かしながら、宇都宮市の活性化の一翼を担っていきたいと思っています。

画像:中長期的に腰を据えて取り組んで参ります!

リコージャパン株式会社
販売事業本部 栃木支社 LA営業部
リーダー
仲野 順子

今までの取り組み

記事別凡例

  • 事例事例
  • 包括連携協定締結自治体包括連携協定締結自治体

※ 準備ができ次第、随時掲載いたします。

お問い合わせ

ソリューションに関するお問い合わせをお気軽にご利用ください。

お問い合わせ