このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

お客様事例 株式会社ライフコーポレーション 様

画像:お客様事例 株式会社ライフコーポレーション 様

お客様事例

株式会社ライフコーポレーション 様

誰もが簡単に使えるPOPシステムにより、地域密着型の売場作りが実現できました。

地域に根づいたスーパーマーケットとして、近畿圏・首都圏で275店舗を展開中の株式会社ライフコーポレーション様。魅力ある売場作りを実践するために、8年前から「RICOH MightyPOP V」をご活用されています。本部と店舗の連携によるPOP業務の効率化をはじめ、店舗独自のPOP展開による独自性の打ち出しを通して、お客様の“買いたい”気持ちに響く売場の演出を実現されました。

課題と解決

活用の背景

地域密着型の「お店が主役」の売場作りが実現可能なシステムが必要

スーパーマーケットを取り巻く小売業の環境は、コンビニエンスストアやドラッグストアの参入により、競争が激化しています。ライフコーポレーション 近畿圏販売促進部で販売演出を担う中嶋課長様に、「RICOH MightyPOP V」活用の現状についてお話しいただきました。

「当社では、各店で地域の半径1kmのシェアアップを掲げてきました。身近なお客様の信頼を得るために地域密着型の販売促進戦略を進める中で、売場を活気付けるPOPは非常に重要なツールです。「RICOH MightyPOP V」は8年前から活用していますが、当社にとってはもはやプライスPOPを出力するだけのソフトウェアではありません。地域に根ざした売場作りを実現するために、各店舗独自のPOPやポスターなどを作成する機会も今後いっそう増えることと思います。その点、「RICOH MightyPOP V」は、誰でも簡単にPOPが作成できるため、季節の催事などのPOPやポスターを各店舗で自由に作ることができます。」

その “使いやすさ” のポイントについても、振り返っていただきました。

画像:株式会社ライフコーポレーション 近畿圏販売促進部 販売演出課課長 中嶋 浩二様株式会社ライフコーポレーション
近畿圏販売促進部
販売演出課課長
中嶋 浩二様

選定のポイント

昨今の“人手不足”や“働き方改革”にも対応できる「覚えやすく」、「教えやすい」システム

「私どもスーパーマーケット業界では、パートナーとして働いている多くの方が実際の売場作りに携わっています。その中には主婦や年配の方も多くいらっしゃいますので、そうしたパートナーの方にも、できるだけ簡単にPOP作成できるものを当時探していました。「RICOH MightyPOP V」はそこがぴったり合いました。また、この8年間で時代の要請も変化しています。昨今の人材不足・働き方改革や、消費税・軽減税率への迅速な対応表示、インバウンド需要による外国人のお客様への多言語POP対応などができる点にも満足しております。」

中嶋様は、使う人が主に主婦などのパートナーであることを踏まえ、操作性にこだわった注文を出されたと言います。

「年配のパートナーさんは、初見で “使いづらそうだ” と感じてしまうと、使うのが嫌になってしまいます。そこで、最初の画面では、「チラシPOP」、「プライスPOP」等の本部が作成したデータが保存されているメニューと、店舗独自のPOPを作成可能なメニューを分けるようにしました。なおかつメニューアイコンを大きく配置し、見やすく・分かりやすくしていただきました。各部門の担当者が欲しいPOPがどこに保存されているか一目でわかるように、使いやすさのためのカスタマイズを徹底しました。リコーさんには『あなたのお母さんが使うと思って設定してください』とお願いしました。いかにもシステム然とした要素を極力なくし、とっつきやすさを重視してカスタマイズしていただいたことが、多くのスタッフに浸透した要因です。
パートさんやアルバイトさんは日々入れ替わります。新しいメンバーや代わりの方でもすぐにわかるくらいの簡単操作が重要ですし、ツール自体がシンプルで覚えやすいので、他の人にも教えやすいシステムを構築できました。」

今後の展望

コミュニケーションツールとしてのPOP

POP業務の効率化と地域特性にあったPOP展開を通して、魅力的な売場作りを力強く進めるライフコーポレーション様。今後の展望を中嶋様にお聞きしました。

「商品の品切れや回収等のお詫びPOPなど店舗での緊急な対応が必要な場合も、「RICOH MightyPOP V」を使って、即座に店舗にPOPデータを送ることが可能になりました。

この運用は、昨今頻発している災害時に大きな効果を発揮すると思います。災害時に兵庫の店舗は終日閉店するが、大阪は午後から閉店、京都は平常通り営業というように、店舗ごとに状況が異なる場合、店舗では“災害用のPOPデータが保存されているキャビネット※1を見て、臨機応変なPOP作成が可能になります。『入荷が遅れています』とか『営業を見合わせる場合があります』と一言貼っておくだけで、お客様にとっては印象が違ってきます。突発的なことが起こると、店舗だけでは十分な対応ができないですから、本部が十分な準備をしてサポートしたいと考えています。私どものスーパーマーケットにとって、POPは単なる告知を超えたコミュニケーションツールだと思いますし、そのPOPを作成する「RICOH MightyPOP V」は、今後も本部と店舗のコミュニケーションツールとしてますます重要になると思います。」

ライフコーポレーション様は、「RICOH MightyPOP V」を業務に最大限活用して、さらにお客様に信頼される地域一番店を目指します。

※1 キャビネット= 「RICOH MightyPOP V」にて、POP データを保存しておく場所 (Windows でいうフォルダに該当)

お客様プロフィールと導入製品

株式会社ライフコーポレーション様

株式会社ライフコーポレーション様

大阪本社:大阪市淀川区西宮原2-2-22

創業:明治43年

従業員数:27,297名

事業内容:食品を中心としたスーパーマーケットチェーン

URL: http://www.lifecorp.jp

ご導入ソリューション:RICOH MightyPOP V

※会社名および製品名はそれぞれ各社の称号、商標または登録商標です。
※本ページに掲載されている情報は、2020年3月現在のものです。

製品カタログダウンロード

RICOH MightyPOP V製品カタログダウンロード