このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu

リコー 個人認証システム AE(販売終了しました)

リコー 個人認証システム AE単体でできること

機能1: 利用者制限

機器の利用をICカードを持っている人に限定し、個人ごとに利用できる機能を制限できます。

■操作フロー

  • 画面は複合機版です。プリンター版には、認証画面はありません。ICカードをかざせば認証されます。
  • 1 通常はロックがかかっており、ボタンおよびタッチパネルでの操作ができません。
  • 操作フロー1
  • 2 利用者登録されたICカードを機器側のICカードリーダーにかざし、認証します。
  • 操作フロー2
  • 3 個人ごとに許可されている機能を利用できます。
  • 操作フロー3
 

こんな時に使えます!

  • 1 個人ごとに、利用できる機能を管理!
各所属部署や役割により必要な機器の操作機能を制限する事で、情報漏えいのリスクを軽減できます。

個人ごとに、利用できる機能を管理!

  • 2 社員証を忘れても臨時ICカードを発行して使用可能!

社員証を忘れても臨時ICカードを発行して使用可能!

正規登録のICカードを忘れても、臨時ICカードでいつもどおり機器が使用可能。また、盗難時のなりすまし防止のため、臨時ICカード使用時は正規のICカードを使用不可にすることができます。

  • 3 社員証を忘れてもソフトキーボード入力で使用可能!

  • 複合機版のみの機能です。

ICカードを忘れても画面上のソフトキーボードでMicrosoft ®のディレクトリサービス「Active Directory ®」に登録されている[ユーザー名]と [パスワード]を入力すれば、複合機を使用することができます。

社員証を忘れてもソフトキーボード入力で使用可能!