このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

imagio個人認証キット タイプF2-it/タイプF1-it/タイプF2/タイプF1 IPSiO個人認証キット タイプF1

機能4: LF印刷

クライアントPCからプリント指示したデータを、好きな複合機・プリンターから出力することができます。

  • 同一LFプリントサーバーに接続された同一構成の同一機種のみ使用できます。

IPSiO個人認証キットの場合は、LFプリントサーバーが必須となります。
imagio個人認証キットの場合はオプションとなります。

操作フロー(imagioの場合)

1.自分のPCからLFプリントサーバーへプリント指示を出します。

自分のPCからLFプリントサーバーへプリント指示を出します。

2.利用者登録されたICカードをプリントしたい複合機側のICカードリーダーにかざし、認証します。

利用者登録されたICカードをプリントしたい複合機側のICカードリーダーにかざし、認証します。

3.オンデマンド印刷キーを押して出力したいジョブを選択し印刷ボタンを押します。

オンデマンド印刷キーを押して出力したいジョブを選択し印刷ボタンを押します。

4.プリントデータが出力されます。
出力後に、プリントデータは削除されます。

プリントデータが出力されます。

操作フロー(IPSiOの場合)

  • 同一LFプリントサーバーに接続された同一構成の同一機種のみ使用できます。

1.自分のPCからLFプリントサーバーへプリント指示を出します。

自分のPCからLFプリントサーバーへプリント指示を出します。

2.印刷データは、プリントサーバー上に一時保存されます。

印刷データは、 プリントサーバー上に 一時保存されます。

3.利用者登録されたICカードを印刷したいプリンター側のICカードリーダーにかざし、認証します。

利用者登録されたICカードを 印刷したいプリンター側の ICカードリーダーにかざし、認証します。

4.プリントデータが出力されます。出力後に、プリントデータは削除されます。

プリントデータが 出力されます。 出力後に、 プリントデータは 削除されます。

こんなときに使えます

急ぎで必要な会議資料を空いている複合機からプリントアウト!

近くの複合機が使用中でも、LFプリントサーバーにプリント指示を出し、他の複合機にICカードで認証して出力できます。

急ぎで必要な会議資料を空いている複合機からプリントアウト!

購入をご検討中のお客様へ

製品をご利用のお客様へ

  • ダウンロード
  • アップデートプログラムのダウンロードはこちら。