このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地
ここから本文です

RICOH IM 430F 特長2 プリンター機能&ファクス機能

コミュニケーションをもっと自由に。

5WAY給紙スタイルによる大量給紙を実現

●最大2,310枚給紙

オプションの550枚増設トレイを3段装着すると、本体トレイ550枚と手差しトレイ110枚とを合わせて最大2,310枚の大量給紙が可能になります。

●最大5WAYの給紙スタイル

本体トレイ+増設トレイ+手差しトレイの最大5WAY給紙スタイルが可能。
異なる用紙サイズを同時にセットでき、さまざまなサイズの用紙を入れ替えることなく使用できます。

画像:最大5WAYの給紙スタイル

メディアプリント&スキャン

メディアプリント機能とスキャンtoメディア機能を搭載。USBメモリー*1やSDカード*1(32GB以下)に保存されているデータ(JPEG/TIFF/PDF/XPS*2*3の出力やスキャンデータの保存を誰でも簡単な操作でご利用いただけます。

  • *1すべてのメディアの動作を保証するものではありません。
  • *2XPSダイレクトプリントカードが必要です。
  • *3ファイルのバージョンやフォーマットによっては出力できない場合があります。

画像:メディアプリント&スキャン

2つのネットワークに接続可能な拡張プリントサーバー(オプション)

標準のネットワークポートに加え、オプションの「拡張USBプリントサーバー」を装着することにより、もう1系統のLANに接続し印刷することができます。

画像:2つのネットワークに接続可能な拡張プリントサーバー(オプション)

  • オプションの拡張USBプリントサーバーが必要です。
  • リコーカンタン私書箱プリントAE2、リコー個人認証システムAE2と同時利用できません。
  • その他仕様詳細については販売担当者にご確認ください。

3つの異なるネットワークでプリント・スキャンが可能(オプション)

オプションの「外付け増設インターフェースボックス」を装着することで、3系統のLANに接続し印刷やスキャンをすることができます。

画像:3つの異なるネットワークでプリント・スキャンが可能(オプション)

  • 仕様詳細については販売担当者にご確認ください。
  • 本体とは別に電源が必要です。

便利な機密印刷/保存印刷

パソコンで作成した文書を本体のハードディスクに蓄積できます。蓄積文書はカラーからモノクロへの変更や片面/ 両面印刷の切り替えなど、パソコンで設定した印刷条件を操作画面上で変更可能。また、印刷文書を必ず複合機に蓄積してから操作画面上で再印刷指示する設定も行なえます。

●機密印刷

パスワードを指定して蓄積します。機密性の高い文書の出力に適しています。

●保存印刷

印刷が終了してもデータは消去されないため、何度もくり返し印刷する際に便利です。

RPCSドライバーとRPCS Basicドライバーに対応

さまざまな用途に幅広く応じることができる「RPCSドライバー」と、レーザープリンター・複合機共通で利用できるプリンタードライバー「RPCS Basicドライバー」に対応しています。

●高機能を使いやすく。「RPCSドライバー」

よく使う印刷設定を保存してワンクリックで呼び出せる「かんたん設定」と、多くの機能をきめ細かく設定できる「項目別設定」の2つを簡単に切り替えて使用できます。

●便利な機種共通「RPCS Basicドライバー」

複数機種が混在する環境でも、同じドライバーで運用ができます。画面もシンプルで使いやすく、シンクライアント環境でもストレスの無いパフォーマンスを実現します。

  • 機種固有RPCSドライバーとの機能差異については、販売担当者にご確認ください。
  • RPCS Basicドライバーはこちらのページでの提供となります。

しおり折り印刷

ステープルも糊も使わずに小冊子が作成可能なしおり折り印刷。胸ポケットに収まるA7サイズで工場内の手順書、店舗での接客マニュアルなどを作成できます。

画像:しおり折り印刷

用紙節約に効果的な集約印刷

最大16 ページを1枚の用紙に印刷し、用紙を節約できる集約印刷。両面印刷との併用により、用紙コストの削減が可能です。

画像:用紙節約に効果的な集約印刷

サーバー不要のペーパーレスファクス受信

受信ファクスを紙出力することなく本体のハードディスクに蓄積またはパソコンへの転送が可能。蓄積したファクス文書を操作画面上にサムネール表示し、必要に応じて印刷できます。

画像:サーバー不要のペーパーレスファクス受信

●パソコン上で蓄積受信文書の確認/引き取りが可能

WebブラウザーやRidoc Desk Navigator V4(別売)により、パソコン上で画像確認やデータ引き取りが可能。

●受信文書の印刷禁止ON/OFF 切り替えも簡単

受信したファクス文書は、印刷の有無を操作画面上で簡単に切り替えられます。例えば、不在時に印刷禁止に設定すれば、セキュリティー対策にもなります。

●受信ファクスの転送も可能

受信した文書をあらかじめ登録した相手先(転送先)へ転送できます。また、発信元名称、発信元ファクス番号などに応じて転送先を区別*可能です。さらに転送先もファクス、Eメール、フォルダーから選べます。

  • *特定相手先250件。
  • 蓄積できる受信枚数はA4で約320 枚です。(A4 ITU-T NO.1チャート ふつう字)
  • ドキュメントボックスの引き取りは、時間がかかる場合があります。
  • ファクス受信文書の蓄積は最大800文書です。

送信前プレビュー機能

送信の前に文書内容を操作パネル上にプレビュー表示することが可能です。原稿の読み取り方(タテ・ヨコなど)が正しく行なわれたか確認してから送信できます。

画像:送信前プレビュー機能

ペーパーレス PC FAX 送信機能

パソコンからの印刷操作と同じように直接ファクス送信できるため、作業効率のアップとペーパーレス化が可能です。また、画像の劣化も最小限に抑えられます。本体の操作画面と同様に、宛先繰り返し入力、送信前の設定確認、ファクス番号の直接入力制限といったセキュリティー機能で、誤送信を抑止できます。

  • Windows Vista®、Windows®7、Windows®8.1、Windows®10、Windows Server2008、Windows Server2008 R2、Windows Server2012、Windows Server2012 R2、 Windows Server2016、 Windows Server2019 に対応。

ファクス連携機能

ファクスユニットを搭載していない複合機(子機)*から、ネットワーク上のファクス機能を搭載している複合機(親機)*を通じてファクス送受信が行なえます。ファクス機能搭載機に接続した回線を利用するため、コストの削減につながります。

画像:ファクス連携機能

  • *親機・子機ともに、オプションのリモートFAXカード装着時に利用可能です。
  • 親機に接続できる子機は最大6台までです。
  • ファクスユニット搭載機は子機として利用できません。
  • ファクス連携の送信はG3回線のみです。

見やすく操作しやすい宛先表

アドレス帳に登録できる宛先数は2,000件、1グループに登録できる宛先数最大500件*、メモリー送信の最大宛先数は2,000件*など、大量のファクス送信を効率化する機能も充実しています。

  • *グループ登録:最大100グループ、同報送信できる宛先数最大500件。

画像:見やすく操作しやすい宛先表

アドレス帳の集中管理機能

1台の複合機*1が所有するアドレス帳を最大10台までの管理対象複合機*2に複製し利用が可能。機器管理者のメンテナンス負荷を軽減できます。

  • *1管理対象複合機が搭載する機能(ファクス、スキャナー、プリンター)を搭載している必要があります。
  • *2アドレス帳の集中管理機能を搭載している必要があります。
  • 管理機がモノクロ複合機の場合、カラー複合機は管理対象として使用できません。

ファクス受信文書出力切替タイマー

勤務時間内は印刷、夜間は別の場所に転送するなど、受信時間に応じてファクス文書の印刷/転送/蓄積の切替えが可能です。

送信文書のバックアップ機能

ファクス送信と同時に、送信文書をパソコンのフォルダーに電子化して保存可能。ファイル名には、送信結果、宛先名、日付、ログインユーザー名またはユーザーコードの情報がつけられます。

充実のファクス基本機能

[高画質]●①ふつう字200×100dpi  ②小さな字200×200dpi

[レスペーパー化]●両面原稿送信  ●両面印刷  ●宛名差し込み

[操作性]●リダイヤル  ●直接宛先入力  ●オンフックダイヤル  ●送信文書変更/中止  ●不達文書再送信  ●宛先表見出し選択  ●宛先表並び順変更  ●クイック操作キー宛先履歴(10件)

[確実性]発信元名称(表示用)発信元名称(印字用)発信元ファクス番号  ●自動誤り再送(ECM)  ●送受信結果表示(最大200通信)  ●ID送受信  ●代行受信

[IPファクス]●IP-ファクス(ITU-T T.38勧告準拠)*1  ●W-NET FAX(ITU-T T.37勧告準拠)  ●ダイレクトSMTP  ●NGN対応(ITU-T T.38勧告準拠)*2

[その他の便利機能]●回転送信  ●メモリー送信  ●時刻指定送信  ●封筒受信  ●定型文印字  ●送信者名印字  ●蓄積文書指定送信  ● Fコード通信機能  ●Fコード親展ボックス  ●Fコード掲示板ボックス  ●Fコード中継ボックス  ●印刷終了ブザー  ●しおり機能  ●センターマーク印字  ●受信時刻印字  ●発信元名称選択(10件)  ●回転レシーブ  ●ジャストサイズ受信  ●記録分割/縮小  ●受信側縮小  ●受信印刷部数設定  ●迷惑ファクス防止  ●相手先別メモリー転送  ●相手先別受信印刷部数設定  ●相手先別両面印刷  ●相手先別封筒受信  ●デュアルアクセス  ●ダイヤルイン機能  ●自動電源受信機能  ●各種リスト/レポート印刷  ●ユーザーコード  ●利用者制限  ●TEL/ファクス自動切替  ●留守番電話接続  ●全文書転送  ●同報送信500宛先  ●送信前プレビュー  ●ナンバーディスプレイ*3  ●送信文書のバックアップ機能  ●切替タイマー

  • *1SIP、JT-H.323V2対応。
  • *2SIPのみ対応。送・受信機側ともに NTTとの契約(有料)が必要です。
  • *3日本電信電話株式会社、ソフトバンク株式会社、KDDI株式会社との契約(有料)が必要です。

購入をご検討中のお客様へ

NetRICOHオンライン購入

NetRICOHでは、リコー商品、各種消耗品などをインターネットでご注文いただけます。

NetRICOH オンライン購入

お問い合わせ

この製品に関するお問い合わせをメール、電話、FAXで受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ