このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

RICOH Pro C5310S/C5300S 特長2

特長2: あざやかな色彩と高画質でプリント表現をもっと自由に。

カラーPxP-EQトナーにより色再現領域の拡大を実現

色再現領域の広いリコー独自の重合法(エステル伸長重合法)によるオイルレスのカラーPxP-EQトナーを採用しました。また、弾性定着ベルトの採用によりトナーの延展性がさらに上がりました。光を効率よく吸収できるため、低付着量と彩度の向上を同時に実現しています。


磨耗した定着ベルトを平滑に整える定着ベルトリフレッシュモード

用紙搬送により定着ベルトが磨耗しても、定着リフレッシュローラーがベルトを平滑に整えます。磨耗によって発生する印刷物の光沢スジを抑えることで、多様な用紙サイズをご使用のお客様に安定した印刷品質を提供します。


VCSEL技術搭載で、2,400dpi×4,800dpiの高画質を実現

面発光型半導体レーザーVCSEL*技術を搭載。40本のレーザービーム書き込みにより、2,400dpi×4,800dpiを実現しました。文字や細線をより鮮明に、画像をよりリアルに再現することで、画像品質にこだわるお客様のニーズにお応えします。

  • *Vertical Cavity Surface Emitting Laser

光沢度を調整するグロスコントロール機能

用紙の質感に合わせて、印刷画像の光沢度を調整します。グロスコート紙やマットコート紙に適した光沢を、お客様自身で調整、再現することができ、用紙の質感を活かした出力が可能です。

  • 用紙や印刷画像によって効果は異なります。

設定OFF

設定ON


リコー独自の面内濃度ムラ補正技術を採用

現像ローラーと感光体間のトナーを往復させながら、現像時のトナー量を均一化。さらに転写部でも中間転写ベルト上のセンサーで濃度ムラを検知し、トナー付着量変動を低減します。現像から転写まで面内の濃度ムラを抑制する技術で均一な画像形成をサポートし、高品質な出力を実現します。

書籍や冊子の製本を美しく仕上げる、表裏見当を向上させる多彩な技術

RICOH Pro C5310S/C5300Sは表裏見当を向上させる多くの機構を搭載しています。

1 メカニカルレジストレーション(ロータリーゲート方式)

オプションのA3LCT接続ユニット BU5030内にメカニカルレジストレーション機構を搭載。エアピック式A3LCT RT5120から給紙された用紙のスキューとレジストを補正し、優れた見当精度を実現しています。

2 用紙寄せ機構

本体トレイ*および手差しトレイに用紙寄せ機構を搭載。サイドフェンスに沿って給紙させることで高い見当精度を実現します。

* 第2~4トレイに対応。

2 レジストローラーの逆転制御

搬送されてきた用紙を本体内部のレジストローラーに突き当て、さらに逆回転させることで用紙のスキューを補正します。

  • イラストは、機能説明のためのイメージです。