このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

ドライバー : Q1

ドライバーのポート設定にて「Standard TCP/IP Port」をLPRで設定する場合の「キュー名」を教えてください。
プリンターによってキュー名(論理プリンター名)が異なります。下記の表をご参照いただけますようお願いいたします。

■インパクト・プリンター

機種名 キュー名(論理プリンター名)
通常使うキュー名 全てのキュー名
5577-G05/H05 lp1 lp1~lp6
5577-C05/D05
5577-C02/D02
5579-N05/N02

■ライン・プリンター

機種名 キュー名(論理プリンター名)
通常使うキュー名 全てのキュー名
5400-F02 lp1 lp1~lp4 *1
5400-F06 lp1~lp4 *1
5400-F10 lp1、lp2 *2
5400-L02 lp1~lp4 *1
5400-L06 lp1~lp4 *1
5400-L10 lp1、lp2 *2
5400-006
※イーサネットフィーチャー
(#4164,#4165)による
lp1、lp2 *2

■モノクロ・レーザー・プリンター

機種名 キュー名(論理プリンター名)
通常使うキュー名 全てのキュー名
InfoPrint 1736J (5596-7M4/7P4) lp
InfoPrint 1756J (5596-7M6/7P6)
InfoPrint 1316J (5596-3M2/3P2)
※オプション:100Mイーサネットボード
(13P0974)による
InfoPrint 1336J (5596-3M4/3P4)
InfoPrint 1356J (5596-3M6/3P6)
InfoPrint 1522J (5584-5M2/5P2)
※オプション:100Mイーサネットボード
(13P0974)による

■カラー・レーザー・プリンター

機種名 キュー名(論理プリンター名)
通常使うキュー名 全てのキュー名
InfoPrint Color 1534 (4926-N03) lp
InfoPrint Color 1534 (4926-DN3)
InfoPrint Color 1664 (4930-N03)
InfoPrint Color 1567 (4935-N03)

■オプション

機種名 キュー名(論理プリンター名)
通常使うキュー名 全てのキュー名
5400エミュレーターII (42R8850) pr1 pr0~pr9 (10個)
5400エミュレーターI (99P3055) pr1 pr0~pr9 (10個)
5557用NetWork Box (55P1589) lpt1
イーサネットLAN カードIII (07K6680)
※5587-K02/WIN/L20、
5589-K20/L36用
lpt1

■高速カット紙プリンター

機種名 キュー名(論理プリンター名)
通常使うキュー名 全てのキュー名
InfoPrint SP8200モデルN50/DN1
(4345-N50/DN1)
lp

<注意点>

  • *15400-F02/F06/L02/L06
    LP1: 受信データを無変換で印刷します。
    LP2: 受信データに含まれる改行コード(LF 0x0A) を改行+復帰(LF 0x0A+CR 0x0D)
    に変換して印刷します。
    LP3: 受信データの最後に改ページ(FF 0x0C) を付加して印刷します。
    LP4: 受信データに含まれる改行コード(LF 0x0A) を改行+復帰(LF 0x0A+CR 0x0D)
    に変換し、データの最後に改ページ(FF 0x0C) を付加して印刷します。
    プリンター・キューにLP2またはLP4を指定した場合、受信データに含まれる改行コードはすべて変換されるので、イメージ・データ等を印刷すると印刷結果が乱れることがあります。LP1、LP2、LP3、およびLP4以外のプリンター・キューを指定した場合は、LP1で印刷されます。また、LPDプロトコルでのサブコマンド(バナーページ指定、コピー部数指定など)はサポートされていません。
  • *25400-F10/L10、5400-006 + イーサネットフィーチャー(#4164,#4165)
    プリンター・キューには、LP1、LP2が使用可能です。LP2を指定した場合は、改行コード(LF 0x0A) を改行+復帰 (CR 0x0A+LF 0x0D) に変換して印刷されます。LP1、LP2 以外のプリンター・キューを指定した場合は、LP1で印刷されます。また、LPRプロトコルでのサブコマンド(バナーページ指定、コピー部数指定など)はサポートされていません。

参考:ドライバーの導入手順、Standard TCP/IP Portの設定手順については下記技術情報をご参照ください。

Windows2000/XP用プリンター・ドライバーの導入と削除

Vista用ドライバーの導入手順について(PDF)

  • IBM, IBMロゴは、IBM Corporationの米国およびその他の国における商標。
  • Microsoft, Windowsは Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標。