このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

InfoPrint 1000Jシリーズ : Q3

印刷を行っていると、プリンターのパネル上に、「トナー ノコリワズカ」と表示されました。これまで使用していた他社製のレーザープリンターでは、トナーが残り少なくなっても、トナーを左右に振るとしばらくは印刷を行う事ができました。
InfoPrint1000Jシリーズで使用しているトナーも、振って良いのでしょうか。

InfoPrint 1000Jシリーズにて使用しているトナーは、いわゆる"2成分トナー"であるため、トナーカートリッジのシールの開封後は、”絶対に振ってはいけない”という制約があります。
ご質問にありますように、これまでの1成分のトナーカートリッジでは、トナーの残量が減ってきた場合に、いったんプリンターから取り出してカートリッジをよく振ると、その後ある程度の印字が可能になるものがありました。
しかし、このInfoPrint 1000Jシリーズでは、トナーカートリッジが振られてしまうと、内部の2成分トナーの混合比が不安定なり、印字障害を起こしたり、異音発生の原因となります。

上記をご理解頂き、「トナーノコリワズカ」の表示後もトナーを振らずにある程度の印刷を行い、「トナーエンド カートリッジヲコウカンシテクダサイ」のメッセージが表示されましたら、トナーカートリッジの交換を行ってください。