このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

接続方法 : Q6

Microsoft® Windows® 2000/XPにてパラレル接続で印刷をすると、印刷動作が遅くなったり、Windows画面のパフォーマンスが悪くなるという現象が起きます。また、PCのCPU使用率は100%となってしまい印刷が終わるまで他の作業が出来ません。回避方法を教えてください。

この現象は、Windows2000/XPでLPT プリンタの割り込みがサポートされていないために印刷作動が遅くなったり、画面のパフォーマンスが悪くなったりしてしまうというWindowsOSの仕様として下記URLに報告が掲載されています。

マイクロソフト社様のサポート情報:『LPTプリンターポートに印刷時、CPU使用率が100%になる』

回避策としては、パラレル接続の際に起こる問題ですので、上記Webサイト上にもあるように、接続方法をパラレル接続から変更する必要がございます。しかしながら、上記URLページにある回避方法のうち、USB?パラレル変換ケーブルへの変更は印刷時の動作が不安定であるため当方ではお勧めいたしておりません。当方の対処方法としましては、USB接続をサポートしているプリンターをご使用いただくか、もしくはLAN接続に変更して頂く方法をお勧めします。

  • USB接続をサポートするプリンター

インパクト・プリンターInfoPrint 5577 モデルC02/D02
インパクト・プリンターInfoPrint 5579 モデルN02
モノクロ・レーザー・プリンターInfoPrint 1000Jシリーズ

  • IBM、IBMロゴは、IBM Corporationの商標。
  • Microsoft, Windowsは Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標。