このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です
  • RICOH 画像ログ送信オプション

RICOH 画像ログ送信オプションは、「ファクス発注業務の効率化」と「ドキュメントのセキュリティー強化」のニーズを解決する画像ログ出力アプリケーションです。送信した紙のファクス文書を自動的にデータ化し、操作した結果を画像ログとして簡単に保存&共有することが可能。操作したログも把握できるなど、情報漏洩の対策にもご活用いただけます。

システム構成

特長1. 柔軟なファイル名、フォルダー名のカスタマイズが可能

ユーザーで管理したい場合。年や月、日ごとに管理したい場合。機器ごとに管理したい場合など、管理の方法はお客様によってまちまちです。RICOH 画像ログオプションでは、様々な要素や組み合わせでファイルやフォルダーをカスタマイズすることが可能です。

カスタマイズ要素一覧

ユーザー名、機番*1、操作種別、日付(年)、日付(月)、日付(日)、時刻(時)、時刻(分)、時刻(秒)、ジョブ結果、送信先、ユーザー指定文字、送信種別、機器のIP アドレス、機器のホスト名、FileNo(FAX)*2、印刷ジョブ名*2、お客様名、区切り文字

*1 フォルダー名カスタマイズでのみ利用可能
*2 ファイル名カスタマイズでのみ利用可能

特長2. このアプリ1つで画像ログ、操作ログが一元管理

これまで操作ログと画像ログは別々のシステムが必要でした。またログ保管先もシステム毎に違っていたため一元管理ができませんでした。RICOH 画像ログ送信オプションでは同じフォルダーに保存されるので、ログの一元管理が可能となります。

特長3. 専用サーバー不要で動作する

専用サーバーが不要なので、導入コストを抑えつつ情報漏洩対策ができます。

特長4. セキュリティー監査に向けた運用ログを保管

複合機の画像ログと操作ログが確実に保存されていることを運用ログで確認することが可能です。

特長5. 保存先が利用できない場合は指定された別の保管先へ自動保存

保存先として指定した保管先がなんらかの原因で通信できなくなった場合に、別の指定された保管先(セカンダリサーバー)に自動で送信することができます。これによりログの冗長性を可能とします。

特長6. 問題発生時はエラーメール通知で迅速把握

運用ログで状態を把握することもできますが、問題が発生した場合に、より迅速に、かつわかりやすく対応するため、管理者へのエラーメール通知を行うことができます。

特長7. 利便性を向上する検索ツールを用意

直感的にかつ容易に検索を可能とするツールをご用意しました。検索には日付、ユーザー名、お客様送信先名などが使用できます。