このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

TotalFlow 統合印刷基盤

連携のご案内

CASE1 複数ベンダーのメインフレームからの出力を統合

【ご提供する価値】

  • マルチインにより複数ベンダーのメインフレームデータをオープンデータに変換し印刷データの統合が可能です。
  • プリンター用データ(PostScript)を出力し印刷管理機能を提供。電子帳票用データ(PDF)を出力することにより電子帳票システムの構築も可能。適材適所に出力でき業務効率の向上に貢献します。

画像:CASE1 複数ベンダーのメインフレームからの出力を統合

  • W01はTotalFlow E-Report Manager専用の帳票データフォーマットです。

CASE2 大量の帳票出力を効率化

【ご提供する価値】

  • グループごとに識別できる自動仕分け機能を提供します。
  • 予実績情報の管理により、印刷抜けの確認が可能です。
  • 印刷運用管理の機能により、拠点毎に各種プリンター(カット、連帳、インパクト)に対応した出力・管理が可能です。

画像:CASE2 大量の帳票出力を効率化

CASE3 電子帳票を一元管理

【ご提供する価値】

  • PDFファイルも、IBMメインフレームの帳票データ(AFP)もひとつの電子帳票システムに登録可能です。
  • 高度な検索機能、大量ページにも対応できるセキュアな独自形式の帳票データフォーマット(W01形式)を採用することにより、高信頼な電子帳票システムを構築可能です。

画像:CASE3 電子帳票を一元管理

  • TotalFlow E-Report Manager が受信できるPDFは、TotalFlow Report Data Transform、RICOH ProcessDirector、Mapping Suiteなどから出力されるPDF、およびTotalFlow Report Operating Managerが帳票アプリケーションと連携して出力されるPDFとなります。
  • TotalFlow 各製品間の連携を行う際には、オプションが必要になります。詳細については、弊社担当営業までお問い合わせください。

購入をご検討中のお客様へ