このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

リコー製品の清掃、消毒方法について

2021年11月8日
株式会社リコー

平素よりリコー製品をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向け、製品の手に触れる部分を消毒する方法について、お問合せをいただく機会が増えてまいりました。

つきましては、下記に弊社の推奨する清掃、消毒方法をご案内申し上げます。

適切にお手入れを行うことで、弊社製品を末永くご愛用いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

参考:

  • 複合機/プリンター製品のパネル清掃方法については こちら

  • プロジェクターの清掃方法については こちら

ご注意:

<清掃、消毒前にお読みください>

  • 必ず、製品の電源をオフにして電源プラグ、バッテリーを取り外した状態で消毒作業を行ってください。

  • 清掃の際は乾いた柔らかい布に消毒液を軽く噴霧し、製品の手に触れる場所を軽く、素早く拭いてください。

  • 製品への消毒液の直接噴霧はしないようにしてください。

    精密機器のため、薬剤が機械内部に侵入すると腐食等により故障・発煙の原因になります。)

  • 通気用の開口部や、操作パネルボタンの周囲の隙間、コネクターやバッテリーの端子部に水分が入り込まないようにしてください。

  • 手持ち製品を清掃、消毒する際は、製品を手に持たず、テーブル等の上に置いて行ってください。

  • プロジェクターのレンズ部分にアルコールが付着しないようご注意ください。

<溶剤について>

  • 可燃性スプレー、ベンジンやシンナーなどの有機溶剤を使用しないでください。火災の原因になります。

  • 漂白剤や研磨剤を含む洗剤などを使用しないでください。

<フロアや床を消毒される場合>

  • 消毒作業後、弊社製品の近傍空間(フロアや壁など)に消毒液だまりなどができないように乾いた布で拭き取ってください。

    製品の吸気ファンが水分を機内に吸い込んでしまう恐れがあります。