このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

InfoPrint 1000Jシリーズ : Q1

InfoPrint 1000Jシリーズとはどのような製品なのでしょうか?

InfoPrint 1000J シリーズは、弊社のモノクロ・レーザー・プリンターのシリーズで、主にWindows系のネットワーク環境での価格・性能比の高い製品に位置付けられます。

InfoPrint 1000Jシリーズは「標準モデル」と「PAGESモデル」をご用意しており、AS/400からのホスト印刷に使用したい場合は、「PAGESモデル」をご選択下さい。(PAGESモデルについてはInfoPrint 1000Jシリーズ PAGESモデルとはどのような製品でしょうか。をご参照ください。)

InfoPrint 1000Jシリーズの主な特徴として以下の点が挙げられます。

  • ファースト・プリント・タイム6.5秒
  • 解像度リアル1200dpi
  • 高速な両面印刷機能(オプション)
  • 省エネモード時の消費電力4.5W以下
  • USB2.0インターフェース*1 *2及びイーサネット(100BASE-TX/10BASE-T自動切換)を標準装備
  • IPP(インターネット・プリンティング・プロトコル)への対応

なお、その他の詳細な情報に関しましては、製品情報をご参照下さい。

  • *1USBインターフェースは、市販されているUSB対応機器全ての動作を保証するものではありません。ケーブルにつきましては、純正オプションのUSB2.0ケーブル(99P3306)を使用していただくことを推奨いたします。
  • *2InfoPrint 1000Jシリーズは、"InfoPrint 40"、"InfoPrint 20"、"InfoPrint 21"の後継機種ではございませんのでご注意下さい。

参考:
558Xレーザー?プリンターからの置き換えで使用可能でしょうか。