このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

Ridoc FAX Transmitter / Ridoc FAX Order-Flow

特長2: 受信ファクスの確認と状況把握の大幅な効率化をサポートします。

Ridoc FAX Order-Flow

■ファクス受信文書のハンドリングを改善

ドキュメント配信システム「Ridoc GlobalScan」から配信されたファクス受信文書の閲覧と、受信文書の処理を効率化するソフトウェアです。受信文書の「確認済み」、「未確認」、「回答処理済み」など、文書の処理状態に合わせてPC上のフォルダに振り分けられ、必要に応じて的確にモニタリングすることができます。これにより、業務の効率化と正確性の向上を実現します。

ファクス受信文書のハンドリングを改善

  • (1)「監視フォルダ」に入った文書はリネームされる
  • (2)リネームされた文書ファイルで未確認の状態
  • (3)ファイルを開いて内容が確認された文書

■受信文書のリネーム処理を自動化 *

「Ridoc Document Router」が自動的に付与するファイル名では、「誰から」届いたかが分かりませんでしたが、リネームすることでファイルを開かなくても送信元を確認することができます。

  • *自動処理実行には、別売の「Ridoc Connect Agent」または、Windows ®のタスクによるプログラム起動の設定が必要です。

■ドキュメント管理サーバーへの自動登録、削除が可能

「Ridoc FAX Cleaner *1」と文書登録支援システム「Ridoc エージェントエグゼ」との連携により、回答処理済の受信文書を文書管理サーバー「Ridoc Document Server」に自動登録することができます。これにより、保管作業の手間やスペースのムダを大幅に省くことができます。また、大量の受信ファイルを自動的 *2に削除・移動することも可能です。

  • *1「Ridoc FAX Order-Flow」に同梱されています。
  • *2自動処理実行には、別売の「Ridoc Connect Agent」または、Windows ®のタスクによるプログラム起動の設定が必要です。

ドキュメント管理サーバーへの自動登録、削除が可能