このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

RICOH カンタンバーコード活用

画像:RICOH カンタンバーコード活用

スキャンからリネーム、フォルダー振り分け、保存まで自動化
一次元、二次元バーコード付き帳票類の簡単電子化ソリューション

バーコード付きの帳票・書類を複合機のボタンを押すだけで簡単に電子化。
バーコード内の情報を読み取り、ファイル名をリネーム、またはフォルダー振り分けにより自動で保存ができます。
また、指定枚数ごと、バーコードごとに仕分けし、別ファイルでの保存も可能。大量の帳票も一度に電子化できます。

画像:スキャン スキャン

帳票・書類の種類や保存形式などを選んでスタートボタンを押す

画像:リネーム リネーム

バーコードに入力されている情報を読み取り、
ファイル名を自動で変更

画像:フォルダー振り分け フォルダー
振り分け

バーコードに入力されている情報を読み取り、
保存先フォルダーへ自動で振り分け

画像:保存 保存

パソコンやサーバーの指定フォルダーに自動で保存

保存後にファイルの
閲覧・検索が可能

画像:保存後にファイルの閲覧・検索が可能

 

「手間がかかる」、「間違えやすい」、「見つけにくい」を改善
電子化作業の負担を軽減し、業務効率向上へ

業種別導入事例

製造業(大量の異なる種類の帳票管理)

サービス業(検索性の向上、ペーパーレス化)

医療業(システム連携、情報の一元管理)

RICOH カンタンバーコード活用
操作イメージ

RICOH カンタンバーコード活用
主な仕様

関連情報

電子化した書類の保存先をクラウドにして、どこでも閲覧したいお客様にはこちらの商品がおすすめです。