RICOH IP C8510/C8510M/C8500/C8500M

多彩な機能

Flexibility of Network
スマートデバイスと連携し、高速出力が可能
対応するインターフェースも強化しました

機器連携ソリューション「RICOH カンタン入出力」

iPad/iPhoneやAndroid®にある写真や書類を印刷することができるアプリケーションです。カラー/モノクロ、片面/両面、機密印刷、印刷プレビューなど多彩な印刷設定が可能です。

  • 無線LAN環境で使用する場合は「拡張無線LANボード タイプP25」が必要です。

  • RICOH IP C8510/C8510M/C8500/C8500Mでカンタン機密印刷機能を利用する際は、「個人認証デバイスキット タイプP25」が必要です。あわせてRICOH IP C8500/C8500Mでは「拡張SSDタイプ P25」が必要です。

AirPrint/Mopria®対応

「AirPrint」はiPad/iPhoneなどのiOSに標準搭載されているプリント機能です。同一ネットワーク上の複合機やプリンターを自動検索し、印刷することができます。部数、片面/両面、印刷ページ数指定の設定が可能です。また、Android® OS(4.4以降)に標準で搭載されているプリント機能「Mopria」にも対応しています。

メディアプリント機能

メディアプリントに対応。パソコンの起動や、プリンタードライバーの設定を行なうことなく、USBメモリー*に保存されているJPEG/TIFF/PDFファイルを誰でも簡単に出力可能。さらに、先頭ページのプレビューやパスワードで保護されたPDFの出力もできます。

  • *

    全てのメディアの動作を保証するものではありません。

  • ファイルのバージョンやフォーマットによっては出力できない場合があります。

メディアプリント機能の画像

多彩なインターフェースに対応

  • 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T標準対応
  • USB2.0標準対応*1
  • USB3.2 Gen1(Bタイプ)標準対応*1
  • 無線LAN対応(IEEE802.11a/b/g/n/ac)対応*2
  • Bluetooth®5.0対応
    携帯情報機器向けの近距離無線通信、Bluetooth®5.0規格に対応しています。
  • 2つのネットワークに接続可能な拡張プリントサーバー*3
    オプションの「拡張プリントサーバー タイプP25」を装着することで、標準のネットワークポートに加え、もう1系統のネットワークポートに接続することが可能。2つのネットワークから印刷することができます。
  • 3つの異なるネットワークでプリントが可能*4
    オプションの「外付け増設インターフェースボックス タイプM37」を装着することで、3系統のLANに接続し印刷することができます。
  • *1

    各対応機器全ての動作を保証するものではありません。

  • *2

    拡張無線LANボード タイプP25が必要です。

  • *3

    拡張プリントサーバー タイプP25が必要です。

  • *4

    本体とは別に電源が必要です。仕様詳細については販売担当者にご確認ください。

Printing Utilities & Solutions
出力機器の一元管理や印刷業務の効率化など
多彩なユーティリティーでTCO削減へ

Device Manager 商品群

ネットワーク上の出力機器の一元管理を実現するソフトウェアです。システム管理者の運用管理のコストや手間を削減します。

  • Ridoc IO Device Manager Lite
    サーバーレスで出力機器のステータスを監視したり、設定の変更をする ことができます。
  • Ridoc IO Device Manager Accounting(別売)
    サーバーレスで出力機器を管理できることに加え、ユーザー別のカウンターをレポートすることで、利用状況をわかりやすく把握できます。
  • RICOH Device Manager Pro(別売)
    最大5,000台まで機器の情報をリアルタイムに取得可能であり、管理者へのメール通知やスマートデバイスから管理画面の確認等、さまざまな角度から管理が可能です。

リコーカンタンドライバーインストーラー

自動検索・表示される機器を選ぶだけで、その機器情報やWindows®OSのバージョン・システム情報の確認や選択をしなくても、適切なドライバーをダウンロードしインストールできます。

Web Image Monitor/E-Mail通知機能

自席パソコンのWebブラウザーで、機器の状態やジョブ履歴などを、専用ソフトをインストールせずに確認可能。消耗品の使用状況や用紙切れなどの状況を任意のE-Mailアドレスに知らせるE-Mail通知機能も搭載しています。

  • Web Image Monitor/E-Mail通知機能を利用する場合は、プリンターをネットワーク接続する必要があります。

  • E-Mail通知機能を利用する場合は、E-Mail送受信が可能な環境が必要です。

Web Image Monitor/E-Mail通知機能の画像

RICOH Eco Friendly Print UX

プリンティング業務の生産性を大幅に向上させるために、誤った印刷指示のキャンセル機能や、印刷後の完成イメージを確認できるプレビュー機能など、ネットワークプリンターを有効に使いこなすためのさまざまな機能を提供します。

Ridoc Ez Installer NX

プリンタードライバーの指定やポートの作成などを設定し、効率的にインストールを進めるパッケージ「一括インストーラー」を作成可能です。

基幹出力向け高信頼性プロトコル(RHPP)を標準搭載

「RHPP」*搭載により、基幹帳票運用サーバーと連携して、帳票の印刷開始から終了までをページ単位で通信して印刷確認を行ないます。ページの重複やページ抜けを防止するほか、エラー時やマシンの電源を切った場合でも自動的に印刷が完了したページを確認して継続ページから印刷を再開します。

  • *

    RICOH Host Print Protocol

  • ウィングアークテクノロジーズ(株)の「Report Director Enterprise」と連携して動作します。

  • 対応バージョンおよび詳細につきましては、販売担当者にご確認ください。

Ridoc IO OperationServer Pro(別売)

出力機器の一元管理、多彩なログ収集・集計などによりTCO削減とセキュリティー対策を同時に実現するソフトウェアです。

基幹業務向けソリューション

キーワード振り分け印刷ソリューション RICOH Rule Based Print(別売)

電子カルテシステム等からの印刷をさらに使いやすいものに進化させるリコー独自のソリューションです。お客様の業務フローに合わせて、処理条件とその時のアクションを「ルール」として設定し、組み合わせることで、印刷したい機器への自動振り分けを実現します。必要な場所に、意図した印刷設定で出力することができるので、業務プロセスの改善に貢献します。

印刷管理ソリューション Ridoc IO Connect for Interstage(無償公開中)

ネットワーク上のプリンターの状態を正確に管理する印刷管理ソリューションです。Interstage Print Managerと連携することで、印刷リカバリー、スプール退避/復元、高信頼転送により、アプリケーションを再起動することなく再印刷が可能です。大量印刷を行なう基幹系システムにおいて、高効率・高信頼な印刷環境を実現します。

Security
情報漏えいのリスクを抑え、信頼を守る
セキュリティー機能も充実

かんたんカード認証

非接触ICカード「FeliCa」*1「MIFARE」*2を用いた個人認証が可能です。また機器の利用をICカードで簡単に制限でき情報漏えいリスクを軽減します。

  • *1

    FeliCaは、「FeliCa/FeliCa Lite」のIDmのみに対応。その他の汎用領域を利用する設定はできません。

  • *2

    MIFAREは、「MIFARE Classic」「MIFARE Ultralight」のUIDのみに対応。その他の汎用領域を利用する設定はできません。

  • 個人認証デバイス内蔵キット タイプM52が必要です。

  • 本機能と他の認証システム、認証機能との併用はできません。

  • 利用できる認証先はベーシック認証のみです。

  • 複数台のオンデマンド印刷は対応していません。

ICカードを用いた個人認証管理(オプション)

非接触ICカード「FeliCa」「MIFARE」「eLWISE」を用いた個人認証システムとして、リコー 個人認証システム AE2、RICOH カンタンセキュアプリント for Cloudをオプションでご用意。ICカードの汎用領域の情報で認証したり、Windows Active DirectoryやLDAPと連携することが可能です。また、オンデマンド印刷に標準対応し、印刷物の取り違えや取り忘れを抑止し、セキュリティーの向上に貢献します。ユーザーごとに使える機能、権限を設定し、TCOの削減効果も期待できます。

  • RICOH IP C8500/C8500Mは拡張SSD タイプP25が必要です。

リコー カンタン私書箱プリント AE2(別売)

印刷文書をいったんプリンターに蓄積し、プリンターの画面上で内容を確認してから印刷できます。印刷文書は利用者それぞれの「私書箱」に蓄積されるので、管理の手間をかけることなく、ミスプリントや取り違え/混入/放置を防げます。ICカードや認証管理などを行なわずに、手軽にオンデマンド印刷を実現します。

  • RICOH IP C8500/C8500Mは拡張SSD タイプP25が必要です。

リコー カンタン私書箱プリント AE2

ユーザー認証とアクセス制御

プリンティング業務のセキュリティーを高めるため、ユーザー認証による機器のアクセス権を設定し、第三者による不正利用を防止することが可能です。

  • ベーシック認証
  • Windows認証
  • LDAP認証
  • 統合サーバー認証
  • ユーザーコード認証

IPsecによる安全なデータ送信

IPsecに対応しているため、IP層で安全なデータ通信を行うことができます。IPP印刷時やWeb Image Monitorへのアクセス時などに通信データを暗号化することで、パソコンとプリンター間でやり取りされる通信データのセキュリティーを高めます。

強制セキュリティー印字機能

印刷物による情報漏えいを抑止するために、印刷日時、出力者情報*などの情報を強制的に印字できます。

  • *

    ユーザー認証設定が必要です。

  • RICOH IP C8500/C8500Mは拡張SSD タイプP25が必要です。

きめ細かなセキュリティー機能

  • 文書アクセス制限
  • 印刷可能IPアドレス制限
  • パスワード暗号化(ドライバー暗号鍵)
  • IEEE802.1x認証対応
  • SSL/TLS暗号化通信
  • AES256bit/SHA-2の暗号化方式に対応
  • S/MIME
  • ネットワークポート
  • RICOH IP C8500/C8500Mは拡張SSDタイプP25が必要です。

機密印刷/保存印刷/保留印刷

パソコンで作成した文書の印刷データを本体のハードディスクに蓄積可能。蓄積した印刷データはプレビューをしたり、印刷条件を操作画面上で変更できます。また、「かんたん文書印刷」を利用すると、より簡単かつ分かりやすい操作が可能です。

機密印刷機能

パスワード指定で印刷でき、機密文書を他人に見られずに出力できます

  • RICOH IP C8500/C8500Mは拡張SSDタイプP25が必要です。

保存印刷機能

印刷ジョブを保存し、文書の再印刷などを簡単にします。また、文書単位でパスワード設定が可能です。

  • RICOH IP C8500/C8500Mは拡張SSDタイプP25が必要です。

保留印刷(時刻指定可能)

一旦ハードディスクに蓄積した文書を任意のタイミングで選択し、出力することができます。印刷開始時刻の指定も可能なため、例えば大量印刷をしたい場合、お昼休みなどに指定しておけば他の利用者の出力業務を妨げることがなくなります。

  • RICOH IP C8500/C8500Mは拡張SSD タイプP25が必要です。

本体ストレージの残存データ消去/暗号化機能

ストレージ残存データ消去

パソコンからの出力などによるストレージの残存データやユーザーデータを上書き消去する機能(一括消去)を搭載。残存データからの情報漏えいを抑止します。

  • RICOH IP C8500/C8500Mは拡張SSD タイプP25が必要です。

ストレージ残存データ消去機能

ストレージ暗号化機能

アドレス帳データ、認証情報、蓄積文書などは、データの記録時に暗号化するため、本体廃棄時などのストレージの物理的盗難などによる情報漏えいを抑止できます。

  • RICOH IP C8500/C8500Mは拡張SSD タイプP25が必要です。

ストレージ暗号化機能

不正コピー抑止地紋印刷機能/不正コピーガード機能

「コピー禁止」などの文字が複写時に浮かび上がる不正コピー抑止地紋印刷や、不正コピーガード機能に対応したマスクパターンを埋め込んだ印刷が可能です。

地紋印刷の除外エリア指定

地紋印刷時に地紋を除外するエリアを指定できます。これにより、QRコードやバーコードなどの入った文書も読み取りに支障なく地紋印刷が可能となります。

  • 不正コピー抑止機能は情報漏えいを防止するものではありません。

  • 地紋印刷はRPCSドライバー、PSドライバー、PCLドライバーで設定できます。

  • 牽制文字はRPCS/PS3/PCL6(PCL XL)ドライバーで設定することができます。

  • 地紋印刷の除外エリア指定は、RPCSドライバーでのみ設定可能です。

  • 販売担当者にご相談のうえ効果をご確認ください。

地紋を埋め込んだ文書

外部からの脅威に備えるセキュリティー

通信をより強固に「TLS1.3対応」

最新の暗号化通信プロトコルTLS1.3に対応。メールやクラウドサービスなどのインターネット通信のセキュリティーを強化します。

情報保護をより強固に「TPM2.0対応」

ストレージなどの暗号化に使われるTPM(Trusted Platform Module)についてTPM2.0に対応。暗号化機能を強化することで、複合機内の情報を保護することができます。

Wi-Fi利用をより強固に「WPA3対応」

Wi-Fi Allianceが採用している無線LANの暗号化方式の規格WPA3に対応。暗号化方式を強化し、無線接続時のセキュリティーを強化します。

カタログダウンロード

購入をご検討中のお客様へ

お問い合わせ

この製品に関するお問い合わせをメール、電話、FAXで受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

NetRICOHオンライン購入

NetRICOHでは、リコー商品、各種消耗品などをインターネットでご注文いただけます。

関連情報