RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
Main content

5分でわかる製造業DXセミナー

製造プロセスへのAI導入のご紹介
~機械学習を用いた品質予測・異常検知による生産性向上~

近年、製造業でもDXやAI技術の活用が盛んに検討されるようになってきました。しかしながらAI導入はプロジェクトの半数近くが実運用に至らずに頓挫するとも言われており、その主な原因としてAI技術者の現場理解が低いこと(ドメイン知識の不足)が指摘されています。
リコーでは、まずは生産技術メンバーがAI技術を習得する事から始め、製造プロセスへのAI導入を実現してきました。
本セミナーでは、AI導入に成功した2つのトナー工場における事例を解説するとともに、『リコーの解決への取り組みをお客様のチカラへ』として生産技術とデータサイエンスに精通した人材がお客様のAI導入をサポートさせて戴くサービスについて紹介致します。

こんなお客様にオススメ

  • AIの導入検討がうまく進まない、興味はあるが何から始めれば良いかわからない。
  • データを取得/蓄積しているが活用できていない。
  • 品質予測や異常検知により品質や生産性を改善したい
    品質予測:熟練技術者に依存しない品質管理・制御
    異常検知:監視の自動化、設備故障の予兆検知

講師:

株式会社リコー RDP CMC事業部

トナー事業センター DM開発室 DM開発三グループ

武政 奨