このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

Ridoc Smart Navigator V2

特長6: マネージメント機能 - Management

ドキュメントのステータス管理や自動取込み、長期保管もサポートします。

■承認済み文書・回覧文書のきめ細かなステータス管理が可能 Webブラウザー

承認済みの文書を編集する場合、“承認済み”解除の確認画面が表示されます。編集を行なったユーザーが入力した修正理由などのコメントは、回覧履歴に入ります。そして文書が“承認後修正”の状態であることを周知できます。また、詳細検索で承認依頼した文書の“差し戻し”や“取り下げ”された文書の検索が可能です。

画像:承認済み文書・回覧文書のきめ細かなステータス管理が可能

■特定のフォルダーを監視して、文書の自動取り込みが可能に

imagioカンタン文書登録V2 タイプA』で電子化された文書やNAS/ファイルサーバーの保管データなどを効率的に自動登録できます。データには書誌事項を付けて登録できるため、文書の一元管理・活用を促進します。また、『Ridoc Smart Navigator V2』のエージェントツールを活用することで特定のフォルダーを監視して、監視先のフォルダーに文書が書き込まれた際に『Ridoc Smart NavigatorV2』に自動登録することができます。

画像:特定のフォルダーを監視して、文書の自動取り込みが可能に

■アーカイブ機能で効率的な文書保管をサポート Webブラウザー

膨大な保管文書を、フォルダー単位もしくはキャビネット単位でアーカイブが可能です。例えば、年度別のフォルダーで文書管理している場合、年度が変わるタイミングで過去のフォルダーを全て書き出してアーカイブすれば、検索頻度の高い文書だけを『Ridoc Smart Navigator V2』で管理できますので、システムのパフォーマンス維持に役立ちます。

  • アーカイブされた文書はアクセス権や一部の書誌情報は無くなります。

画像:アーカイブ機能で効率的な文書保管をサポート

  • 表示されている会社名・住所等は
    架空のものです。

新機能タイムスタンプ機能や一括検証ツールを搭載し、新機能国税関係書類のスキャナ保存に対応

Ridoc Smart Navigator V2を機能強化し、新たにタイムスタンプ付与機能および一括検証ツールなどを搭載します。今回の機能強化は電子帳簿保存法の改正に対応したもので、国税関係書類を一定の要件下でスキャナを用いて電子データ化する「スキャナ保存」に対応することで、国税関係書類の管理業務を効率化します。

  • 上記機能を利用するには、別途アマノビジネスソリューションズ株式会社の「アマノタイムスタンプサービス3161」を契約する必要があります。
  • タイムスタンプ機能をご利用になる場合は、専用システムとしてのご利用が必要となります