このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

セキュリティ&管理者向け機能

電源オフ時に、自動でデータを消去

電源をオフにすれば、表示した資料や書き込んだ内容を自動的に消去。データの消し忘れによる情報の漏洩を未然に防止します。

マルウェア・脆弱性の脅威への対策

ホワイトリスト型、ブラックリスト型2つのウィルス対策によりマルウェアへの脅威に備えています。また、脆弱性への脅威に対しては、ファームウェアアップデートやWindows Update機能などを用いて対策を取る体制を整えています。

セキュリティポリシーに合わせた運用

IWBに保存されたデータは暗号化されており、SSDそのものの暗号化やWebブラウザ通信の暗号化も設定が可能。管理者用設定メニューにより、IWB本体への機能制限(メール送信、パスコード、遠隔ホワイトボード開催、WEBブラウザ接続、USBメモリの使用等)をかけることができるので、企業内セキュリティーポリシーに沿った運用が可能です。

パソコン1台で複数のインタラクティブ ホワイトボードを設定・更新

ホワイトボードの設定や管理をネットワーク経由でパソコンから行なうことができます。拠点ごとに設置したインタラクティブ ホワイトボードもパソコンから一括で管理できるため、管理・運用を効率的に行なうことができます。

親機の設定を反映する自動同期機能

複数のIWBをご使用いただく場合、親機へ子機となるIWBのIPアドレスを登録することで定期的に親機の設定を自動でコピーすることができます。親機の設定を変更すれば、自動的に子機の設定も変更が反映されるので、毎回1台ずつ設定する手間を省け、管理がとても楽になります。また、「IWBで作成したデータのUSBへの保存の禁止」や「メール送信時は常に最新のアドレス帳を参照できる」など、機器ごとに利用できる機能/できない機能の差がなくなるため、ご利用になる方は、どの機器でも同じオペレーションでお使いいただけます。

画像:親機の設定を反映する自動同期機能

Active Directory®との連携機能を実装

Active Directory®との連携機能を実装したことにより、インタラクティブ ホワイトボードで作成したデータを簡単にメール送信することが可能に。Active Directory®に新しいメールアドレスが追加されるとインタラクティブ ホワイトボードへも自動で反映されるため、メールアドレスを毎回入力したり、管理者がアドレス帳を作成してインタラクティブ ホワイトボードに登録したりする手間がなくなります。また、常に最新のメールアドレスを参照しますので、誤送信防止にも役立ちます。

ICカード認証に対応

リコー Authentication Server AE2と連携し、IWB利用の際にICカードによるユーザー認証を行うことができます。IWBに設置したカードリーダーにICカードをタッチするだけでログインでき、ログイン時に認証したユーザーをメール送信先として自動セット。IWB画面を印刷する際、複合機にICカードをタッチするとプリントされるオンデマンド印刷にも対応しています。

  • リコーAuthentication Server AE2の対応バージョンは、V1.4.000です。
画像:ICカード認証に対応

無線LAN対応で、利用できる場所が広がります

オプションのコントローラを搭載すれば、インタラクティブホワイトボードを有線、または無線で企業内ネットワークに接続することが可能です。無線LAN接続により、ケーブルを意識せずIWBを設置でき、本体背面の配線もすっきり。利用する場所や用途が広がります。

画像:無線LAN対応で、利用できる場所が広がります

その他の特長をみる

インタラクティブ ホワイトボード(電子黒板)まるわかりガイド

「インタラクティブ ホワイトボードとは」から特長、各機能の紹介、課題別ソリューション、実際に導入されたお客様の声までをまとめた資料を無料でダウンロードいただけます。

資料をダウンロードする