このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

RICOH ProcessDirector

画像:ワークフロー統合管理ソフトウェア RICOH ProcessDirector

メール発送業務を一通単位で管理
『RICOH ProcessDirector』は、
PDF配信や基幹業務印刷の効率と運用品質を向上させます。

RICOH ProcessDirectorは、前処理から後処理までアウトプット・ワークフローの統合管理を実現します。

RICOH ProcessDirectorは、工程/システム/業務の統合管理を行います。

工程をまたがるジョブ・プロセスの統合管理

システムやデバイスの連携を統合管理

業務要件に基づく様々な出力形態を統合管理

可視化
  • ジョブ処理状況をリアルタイムでモニター
  • システムパフォーマンスやデバイスの状況管理、オペレーター操作を記録
  • ワークフロー処理で得たデータベース情報をBIツールと連携するレポートティングで、見える化を支援
自動化
  • 受信時の処理設定により、フローの自動選択や、処理内容の動的な対応が可能
  • ジョブ受付、処理フロー選択、帳票生成、プリフライト処理、面付処理、仕分け等の前処理、印刷制御、封入封緘機連携/再処理等、一連の処理を自動化
最適化
  • 様々な入力ソース/ジョブ内容に合わせて柔軟にワークフロー設定を用意
  • PitStopや面付ソフトと連係し、PDFのノーマライズや面付編集等のプリプレス処理によりPDFを最適化
  • データの並び替えや分割/結合処理、必要な情報の付加により運用を最適化

特長

DMや請求書の1通ずつの管理に威力を発揮するアーキテクチャー

数百通から、数千、数万通にも及ぶ、宛先文書を含むダイレクトメールや請求書などの印刷ファイル。
RICOH ProcessDirectorは、印刷ファイルに含まれる個々の宛先文書(ページグループ)を識別します。

この機能で識別された各文書は、ファイル内の開始ページ位置やページ数等の属性情報が、データベースに保管されます。また、顧客番号や郵便番号等の情報を紙面から抽出する機能もあり、文書の属性情報として追加できます。

これらの情報を用いれば、文書単位でのソートやファイル分割を行っての出力や、ユーザーインターフェースからの文書検索、印刷/再印刷の指示等も実現できます。つまり、ダイレクトメールや請求書の印刷管理には、とても効果的なソリューションと言えます。

RICOH ProcessDirectorでは、ステップテンプレートと呼ばれるプログラム機能が100種類以上用意されております。このステップテンプレートをワークフローに組み込める”プラグインアーキテクチャー”と、印刷ファイル内の各文書の情報まで持ったデータベースが、”自動化”、”最適化”、”見える化”を実現し、スマートな運用を生み出す源となります。

「見える化」の機能が充実

BIツールとのインターフェースの強化

レポート機能の強化により、BI(ビジネス・インテリジェンス)ツールと連携しやすくなりました。印刷現場のパフォーマンスがひと目で把握できるダッシュボードをBIツールで作成・表示できます。

真に必要な分析対象を表示

レポート・フィーチャーの持つデータトランスミッターにより、ワークフロー処理の中で得られる情報もBIツールに送ることができます。

カスタムジョブ属性も、 『RICOH ProcessDirector』のデータベース情報から抽出できるので、一般的な「デバイスから情報を得る」方法と比べて自由度が増し、ビジネス分析に使えるデータを柔軟に増やせます。

今までに無い、欲しかったデータから、ダッシュボード、チャート、ウィジェットをBIツール上に作れ、ビジネス上、真に重要な対象をトラッキングできるようになります。

画像:「見える化」の機能が充実

画面イメージは、RICOH Supervisor(日本では未発表)で表示した連携の例です。

ソリューション適用 ≪ 期待できる効果・Before & After≫

期待できる効果 Before After
通数管理による管理・処理
のミスやムダの削減
索引付けができないため、通数や各通ごとのページ数の取得ができない。
実現するには、プリント委託者より通数、ページ数の情報をいただく必要あり。
索引付けをして、通数や封筒単位のページ数情報を取得可能。
プリント委託者に負荷をかけることなく、通数管理の実現が可能。
また、各プリント物に通情報を含めて管理番号やバーコードを付加することが可能。
区分郵便物による
郵便料金割引の適用
索引付けができないため、プリント前に郵便番号ごとの区分けができない。
郵便料金の割引を受けるには、郵便区分機等での対応が必要。
プリント前のデータ加工で郵便番号ごとに区分して印刷が可能。
事後処理機との自動連携
による生産性の向上
受託データ内に挿入されているOMRが自社所有の封入封緘機の仕様に合わず、既存設備を活用できない。 既存OMRをマスキングし、所有している封入封緘機の仕様に合わせてOMRを追加。
既存設備の有効活用が可能。
再プリント時のデータ抽出の
自動化による効率化
再プリント時の抽出は、印刷物の確認および入力作業が煩雑になっているため、抽出および確認に手間がかかり、また、誤りも発生しやすい。 再プリント対象物に印刷されているバーコード読み取りにより、再プリントデータを抽出し、容易に再プリントジョブを生成可能。(バーコード読み取り用にはシステム開発が必要。)
人手による仕分け処理の
負荷とミスの削減
データ入力から印刷物の配送までの間、次工程への引き継ぎ時に人手で仕分け処理をしているところがあり、そこが、発送までの時間の大きなネックとなっている。また、仕分けが人手であるがためのミスも起こりやすくなっている。 プリント前の前処理フェーズで郵便番号や支店コード等で索引付けを行い、プリント後の業務最適化(支店ごとに予めデータを並び替え、等)を視野に入れて仕分けを実施することが可能。
管理用情報の付加に
よる生産管理の向上
生産管理用に管理番号やバーコードを付加したいが、通数管理用の情報を取得できず、意図する管理情報を付加できない。 印刷データより通数管理用の情報(ジョブ全体の通数や、各通ごとのページ数、等)を取得し、生産管理用に管理番号やバーコードの付加が可能。
様々な形態への出力対応
による要望の解決
出力データからのデータ抽出、Webアプリとの連携、電子メール対応等は別アプリケーションの検討、新規構築が必要となる。 出力の前処理で事前定義をすることにより、マルチチャネル(必要部分のデータ抽出、Webアプリ連携、電子メール配信等)への出力が可能。
プレ印刷用紙の廃止、削減 プレ印刷用紙が多数あり、用紙架け替えのミスの発生、管理・保管スペースのコストが高い。 ホストのアプリケーション変更をせずに、プレ印刷用紙の削減、用紙の変更を運用レベルで切り替えが可能。