このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

結果をすぐに「共有する」

打ち合わせ結果はすべてIWBに集約

パソコンから表示した資料のページや、ホワイトボードへ手書きで書き込んだページはIWB上で集約され、マルチページPDF形式で保存可能です。

複数人で投影した資料も書き込みしたページもまとめて、打ち合わせの結果として保存できます。本体へ一時的に保存しておき、次回の会議時には前回の内容を呼び出して使用することも可能です。

  • 指定したメールアドレスへ直接送信
  • USBメモリへ保存
  • イントラネット上の共有フォルダへ保存
  • クラウド型のストレージサービスへ保存(Dropbox、OneDrive®)
  • 別売の「RICOH e-Sharing Box」へ保存
  • インタラクティブ ホワイトボード本体へデータを一時的に保存
  • 複合機やプリンターで直接印刷
  • RICOHのカンタン入出力アプリに対応
画像:ディスプレイの画像や書き込みを保存、メール送信、印刷

共有フォルダーやUSBからの資料読み込み・保存

IWBに書き込んだ内容を、あらかじめ指定した共有フォルダーやUSBメモリへ保存することができます。また、共有フォルダーやUSBメモリから、PDF、PowerPoint®のデータを直接IWB側で読み込むことができるので、資料を準備しなくても会議に参加することができます。

打ち合わせ結果を参加者へメール送信

IWBから宛先を指定して、書き込んだ内容をメール送信することができます。直接、メールアドレスを入力して送信したり、IWB本体によく使用するアドレス帳を設定しておき、宛先選択して送信することが可能です。IWBへテキストファイルを取り込んでアドレス帳を作成することができるので、宛先の追加や編集を使い慣れたパソコンから行うことが可能です。

公開アドレス帳機能で、より便利に

ActiveDirectory/LDAPのアドレス帳を参照し、メールの宛先とすることが可能です。ActiveDirectory/LDAPへ新しいユーザーが追加されるとIWBへも自動で反映されるため、メールアドレスを毎回入力したり、管理者がアドレス帳を作成してIWBに登録する手間がなくなります。また、常に最新のアドレス帳を参照するので、誤送信防止にも役立ちます。

クラウド型ストレージへ保存

クラウド型ストレージへ保存ができるので、書き込んだ内容を外出先など様々な場所から閲覧したり、チーム内で共有することが可能です。
別売の「RICOH e-Sharing Box」*1や、クラウド型のストレージサービス(Dropbox、OneDrive®*2への保存に対応しています。

  • *1RICOH e-Sharing Boxの詳細については、こちらをご確認ください。
  • *2One Drive® は、One Drive for Business/オンプレミス版は対象外です。 クラウド型のストレージサービス側の仕様変更により、RICOH IWBとの接続に影響が出る場合があります。

IWBから直接複合機・プリンターへ印刷可能

IWBに書き込んだ内容を直接、複合機やプリンターから印刷することができます。

  • レーザープリンター・複合機共通で利用できるプリンタードライバー「RPCS Basicドライバー」に対応しています。
    対象機種はこちらをご確認ください。
  • ご利用できる広幅プリンター、ジェルジェットプリンターの対象機種は以下になります。
    ジェルジェットプリンター対応機種
    IPSiO SG 2100/IPSiO SG 3100/IPSiO SG 7100
    広幅複合機対応機種
    MP CW2201/MP CW1201/MP W8140R/TR/MP W7100R/TR/MP W6700SP
  • ページは横向きで、センタリングされて印刷されます。
  • 印刷可能サイズはA4、A3、Letterのみとなります。

画像:IWBから直接複合機・プリンターへ印刷可能

RICOH カンタン入出力アプリに対応

RICOH カンタン入出力」アプリに対応し、スマートデバイスと機器を使ったデータ活用が可能です。アプリからデータを映し出し、ディスカッションで書き込んだ内容をアプリに取り込み、価値創造の成果とスピードを高めることができます。

  • 「RICOH カンタン入出力」アプリの詳細については、こちらをご確認ください。

その他の特長をみる