このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

RICOH Pro 8320Y/8320HT/8310Y/8310HT

特長5: 基幹系業務の現場にふさわしい、信頼のソリューション。

画像:基幹系業務の現場にふさわしい、信頼のソリューション。

【TotalFlow 統合印刷基盤】 基幹システムの印刷環境を一気通貫でサポート。

基幹システムの印刷業務では、ミスのない正確な印刷をスケジュール通りに行うことのできる、信頼性の高い印刷環境が求められます。「TotalFlow 統合印刷基盤」は、メインフレームからのデータ入力から、印刷・電子帳票化の出力までの印刷環境を一括してサポート。構成製品の連携力により、高信頼な印刷基盤の構築を実現します。

印刷運用管理:TotalFlow Print Operating Manager

きめ細かなジョブ管理で大量印刷から少量印刷まで安定したプリント運用を実現。

【TotalFlow Print Operating Managerの特長】

● 帳票の印刷状況の表示
● 仕分けを容易にするセパレーターの挿入
● 再印刷と印刷データのバックアップ
● 印刷前のテスト印刷

画像:印刷運用管理:TotalFlow Print Operating Manager

帳票データ変換:TotalFlow Report Data Transform

お客様固有の帳票資源を自動的に変換。既存のメインフレームからの帳票データをスムーズに印刷。

【TotalFlow Report Data Transformの特長】

● 帳票資源を自動的に変換
● 既存システムのオーバーレイをそのまま活用
● 新規帳票資源の作成
● 帳票の電子化に対応(PDF出力)

画像:帳票データ変換:TotalFlow Report Data Transform

システム構成図

画像:システム構成図

SAP® R/3®帳票印刷ソリューション:Ridoc IO DeviceType

ERP パッケージ「SAP® R/3®」のダイレクト印刷において、「Ridoc IO DeviceType」を利用し、両面・パンチ穴あけなど本来プリンターが持つ便利な機能を最大限活用することができます。これにより帳票出力の削減、ファイリングの省力化を実現します。 またSAP® R/3®サーバー側の設定(デバイスタイプ)でリコープリンターからの印刷も可能。集中、分散出力の各用途で最適な機器を配置いただけます。

【Ridoc IO DeviceTypeの特長】

● SAP® R/3® 印刷用のプリンターが置き換え可能
● 帳票の両面印刷に対応
● パンチ穴やステープルなどの後処理機能
● CODE39/CODE128 バーコード印刷に対応

  • PostScript®3のみ対応。オプションの「マルチエミュレーションカード タイプS12」が必要です。

システム概要

画像:SAP® R/3®帳票印刷ソリューション:Ridoc IO DeviceType

キーワード振り分け印刷ソリューション:RICOH Rule Based Print

RICOH Rule Based Printは、お客様の業務フローにあわせて、処理条件とその時のアクションを「ルール」として設定し、組みあわせることで、印刷したい機器への自動振り分けを実現します。また、お客様の「ルール」をプリセットして一括導入したり、変更された「ルール」を自動更新するなど、導入時や運用時の負荷を軽減することができます。これらの柔軟で幅広い運用環境の提供により、お客様の業務プロセスの改善に貢献します。

【RICOH Rule Based Printの特長】

● 文書内に含まれるキーワードで、出力するプリンターを振り分け
● 業務の時間に応じて出力先を自動で振り分け

設定例

画像:キーワード振り分け印刷ソリューション:RICOH Rule Based Print