このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地
ここから本文です

タッチパネル型デジタルサイネージ活用法をご紹介

デジタルサイネージは、業種や設置場所、ターゲットなどのニーズに応じてディスプレイに何を選ぶかが重要になってきます。中には、タッチパネルで、直接ほしい情報を選んでもらうことで、よりニーズに合った情報提供ができ、さらにコミュニケーションを深めることも可能です。

今回は、タッチパネル型のデジタルサイネージの特徴や活用法をご紹介します。

タッチパネル型デジタルサイネージとは

タッチパネル型デジタルサイネージとは、ディスプレイに情報を表示するだけでなく、画面をタッチして選択することで、ユーザーが自由に取得したい情報にアクセスできるものです。

最近では、スマートフォンなどでユーザーが気軽にタッチして情報を自ら取得していくことに慣れているため、タッチパネル型デジタルサイネージも、違和感なく利用されています。

主に商業施設や観光施設、交通機関のほか、オフィスのバックヤードや工場などでも導入されています。

タッチパネル型デジタルサイネージは、タッチパネル向けコンテンツ配信用のSTB(セットトップボックス)とタッチパネル式ディスプレイ、タッチパネル向けコンテンツ機能オプション費用により、実現できます。

【参考】

デジタルサイネージ ディスプレイ選定情報

画像:タッチパネル型デジタルサイネージとは

タッチパネル型デジタルサイネージの目的

タッチパネル型デジタルサイネージは、さまざまな目的で活用されています。その主な目的をご紹介します。

購買促進

店舗や商業施設などに設置することで、素早く商品を見つけたい、商品について詳しく知りたい、店員に話しかけられたくないなどの顧客のニーズに対応することができます。そのため、購買を促すことにつながります。

施設案内

店舗や商業施設、観光施設、ホテル・旅館、駅や空港などにおいては、施設案内のために導入することで、顧客の施設利用を便利にします。

【参考】

店舗でのデジタルサイネージ活用シーン

外国語対応

デジタルサイネージは、訪日外国人向けに、多国語言語表示ができますが、自ら言語を選べるタッチパネル型であれば、よりニーズに沿うことができます。

【参考】

デジタルサイネージで訪日外国人対応

マーケティング活用

タッチ履歴をデータとして取得し、ユーザーの興味が強い商品やキャンペーン情報などを分析するなど、マーケティング活用も可能です。

バックヤード・工場での従業員教育

オフィスのバックヤードや工場に設置し、従業員がタッチして学習するためのコンテンツを配信し、教育に役立てることができます。

【参考】

オフィス・工場でのデジタルサイネージ活用シーン

タッチパネル型デジタルサイネージの活用シーン

タッチパネル型デジタルサイネージは、具体的にどのような場所で活用されているのか、実際の事例をもとに3つご紹介します。

ショッピングセンターでの店舗案内

あるショッピングセンターでは、1階入口のタッチパネル型のデジタルサイネージを設置し、フロア案内や店舗情報がタッチ操作で確認できるようにしました。

高齢者や外国人が多く来館することから、より分かりやすく情報提供する必要があり、デジタルサイネージ利用によってビジュアルでわかりやすく伝えることができています。また車椅子の方や子どもでもタッチ操作ができるよう、低い位置からでも見えて、手が届くように設置して利用を促しました。

【お客様導入事例 株式会社 横浜岡田屋 川崎モアーズ 様】

画像:ショッピングセンターでの店舗案内

地方空港での観光案内

ある地方空港では、タッチパネル式ディスプレイのデジタルサイネージを設置し、5カ国語対応で表記して、外国人のお客様もタッチで観光情報を検索できるようにしました。

通常は、イベントやネットショップ情報を配信しており、飛行機の到着時には、言語選択画面を表示し、英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語、タイ語の中から、お客様が画面をタッチして言語を選び、情報を閲覧できるようにしています。各言語の文字情報に加えてQRコードも表示され、携帯電話等で読み込むことで、詳細情報へ簡単にアクセスできるようにもしました。

【お客様導入事例 庄内空港ビル株式会社 様】

画像:地方空港での観光案内

米菓の製造・販売メーカーでの工場見学

ある米菓の製造・販売メーカーの見学用の工場では、誰もが楽しめる「観光工場」を目指し、見学工程の多言語対応と工場見学の満足度向上を図るため、タッチパネル型のデジタルサイネージを導入し、工場の生産工程をわかりやすく披露しています。

工場見学が終わった後の利用を促すために、カフェコーナーに設置。見学後でも振り返りたい生産工程を見学者が自由に選んで再生できるようにしました。各生産工程の360度の臨場感あふれる写真や映像の表示のほか、画面タッチによる言語選択で、日本語、英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語の5言語で生産工程を説明できるようにしました。

【お客様導入事例 酒田米菓株式会社 様】

画像:米菓の製造・販売メーカーでの工場見学

まとめ

タッチパネル型デジタルサイネージは、ユーザーが自由に知りたい情報にアクセスできるため、よりユーザーニーズを満たすことができます。

ディスプレイのサイズ、設置場所、コンテンツなどのほか、タッチパネル式にすることも、デジタルサイネージ導入時の検討事項に加えてみてください。

リコーでは、タッチパネル型をはじめ、さまざまな表示装置の中からお客様のニーズに合ったものの選定を行っております。また、コンテンツ作成、配信運用まですべて請け負うことも可能ですので、ぜひお気軽にご相談ください。

デジタルサイネージ 業種・業態別ソリューション

店舗からホテル、病院、銀行、学校、オフィスまで、デジタルサイネージ(電子看板)の業種・業態別のソリューションをご紹介します。

デジタルサイネージまるわかりガイド

PDF版(全16ページ)無料ダウンロード

イメージ

デジタルサイネージの特長や活用目的、実際に導入されたお客様の声などを
わかりやすくまとめた “デジタルサイネージ まるわかりガイド” を
ご用意いたしました。ぜひご一読ください!

以下のような内容を掲載しています。

  • デジタルサイネージとは
  • コンテンツ配信の3つのパターン
  • 4つの活用法
  • 業種・業態別活用例
  • リコーのデジタルサイネージのご紹介
  • お客様の声

資料をダウンロードする