このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です
  • RICOH Cloud OCR for 請求書 特長

請求書の記載情報をAI(人工知能)で自動抽出

請求書のフォーマットは発行元企業によって千差万別です。「RICOH Cloud OCR for 請求書」のAI技術は、請求書のフォーマットが変わっても、請求書に記載された情報を自動的に抽出します。このAIによる自動抽出技術と複合機メーカーとして蓄積した画像処理技術がコラボして、効率的に高精度な抽出を達成しています。

AIによる自動抽出項目

  • 請求書情報
    請求日、請求書番号、請求元会社名、請求金額合計(税込)、請求金額合計(税抜)、
    請求金額税込小計(10%、8%、8%軽減税率対象)、請求金額税抜小計(10%、8%、8%軽減税率対象)
  • 支払い情報
    銀行名、支店名、口座種別、口座番号、口座名義、支払い方法、支払い期日、振込手数料
  • 明細*
    商品名、数量、単価、金額
  • *BPOサービスのみ対応

クラウド型サービスなので低コスト

月額9,000円から利用可能

OCRシステムの導入は非常にコストがかかりますが、クラウド型サービスの「RICOH Cloud OCR for 請求書」では大きな初期投資が不要です。 月額9,000円(消費税別)からご利用いただけます。
また、無料トライアルをご用意しました。是非、請求書のOCR精度をご体感ください。

導入も運用も大きなコストがかからないクラウド型サービス

クラウド型サービスのため、サーバー設置や管理、運用といった導入コストがかかりません。

  「RICOH Cloud OCR for 請求書」の場合
(クラウド型サービス)
自社内サーバーに設置する場合
(オンプレミス)
サーバー購入 不要
初期導入コストを抑えられる。
必要
サーバーが高額のため導入が難しい。
設置場所 不要
サーバー設置場所の検討や確保、配線などの準備も不要。
必要
サーバーの設置場所が必要。
ソフトウェア購入 不要
利用者数に応じてライセンス数を変更できるので、ムダな出費を抑えられる。
必要
利用者が減ると購入したソフトがムダになってしまう。
メンテナンス、障害対応
保守スタッフ
不要
保守スタッフが不要なため、人件費を抑えられる。専用の設備が整った最新のセキュリティー環境で運用しているので安心。
必要
日常のメンテナンスや、障害発生時のために、専門知識を持ったスタッフも必要。本来業務に集中できないことも。

カンタン操作で入力業務の負担を軽減

請求書情報をクラウドにアップロード。手軽で簡単にデータ化

請求書をクラウドにアップロードして、必要な情報を一括でデータ化。請求書の入力業務の手間や時間が大幅に削減できます。OCR結果は、CSVファイルとして出力可能です。会計ソフトや銀行支払いシステムと連携することで、入力の手間を省き、よりスピーディーな請求書処理を実現します。

画像:導入前、導入後


CSVファイルは会計ソフトと銀行支払いシステムで連携可能

会計ソフト連携

CSVファイルを下記に示す会計ソフトに合わせた形式で出力することが可能です。単一仕訳、複合仕訳に対応しており、会計ソフトに入力する作業を軽減できます。

  • BPOサービスで会計ソフトと連携する場合は、明細行の出力はできません。

対象会計ソフト(2020年7月現在)

SMILE V 会計

株式会社OSK

PCA 会計 DX

ピー・シー・エー株式会社

大蔵大臣NX

応研株式会社

勘定奉行i11

株式会社オービックビジネスコンサルタント(OBC)

勘定奉行クラウド

株式会社オービックビジネスコンサルタント(OBC)

  • 対応しているバージョンついてはこちらをご覧ください。

その他会計ソフトをご利用のお客様も、任意にCSVフォーマットを設定し連携することが可能です。詳細はお問い合わせください。

銀行支払いシステム

支払に必要な銀行振り込みデータが作成できるようになります。支払い業務のデータ作成の効率化が図れます。

対応出力フォーマット

  • 全銀フォーマット
  • インターネットバンキングに合わせた任意のCSVフォーマット

2022年1月の電帳法改正に対応!

2022年1月改定後の電子帳簿保存法に対応した保存方式を採用。紙やPDFで届いた書類を一元化して電子保存します。保存した書類データは、同じシステム内で閲覧検索ができるので、自席での原本確認も可能になります。
※電子保存オプションは有償メニューです。

画像:2022年1月の電帳法改正に対応!


安心のサポート体制

専任のサポートスタッフが運用上のお困りごとやお問い合わせに対応するので、安心してご利用いただけます。


「人の目」によるBPOサービス*

AIによる請求書処理に加え、「人の目」で確認・修正するサービスをご用意。OCR結果の精度をより一層高め、深刻化する人手不足を解消します。

  • *BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)サービス。OCR結果の確認・修正をリコーがサポートするアウトソーシングサービスです。

「RICOH Cloud OCR for 請求書」導入検討ガイド

PDF版無料ダウンロード

イメージ

RICOH Cloud OCR for 請求書の特長、メリット、業務改善例、製品詳細を
わかりやすくまとめた “「RICOH Cloud OCR for 請求書」導入検討ガイド” を
ご用意いたしました。ぜひご一読ください!

以下のような内容を掲載しています。

  • RICOH Cloud OCR for 請求書とは
  • 製品概要
  • 改善提案事例
  • サービス価格 など

資料をダウンロードする

関連情報