このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

デジタルサイネージ 導入に必要なもの

インターネットに接続するだけで利用でき、サーバーの設置や管理の手間要らずのリコーのクラウド型デジタルサイネージ。リコーデジタルサイネージのクラウドサービス(月額)とSTB(セットトップボックス)をご購入いただくだけで、簡単にサイネージが実現できます。ブラウザでコンテンツ作成から配信設定まで可能。また、コンパクト&ローコストな専用STB(セットトップボックス)を使用しているため、設置も簡単。STB(セットトップボックス)をディスプレイやプロジェクターに接続し、電源投入後にネットワーク設定を行うだけで準備完了です。

  • 表示装置、インターネット環境は別途必要になります。

導入に必要なもの

画像1:表示機器

ディスプレイ・STB

設置場所、明るさ、サイズなど、お客様の用途に合わせたディスプレイが必要です。また、コンテンツを受信するためのSTB(セットトップボックス)も必要となります。

デジタルサイネージ ディスプレイのご提案

STBとは何か

画像2:表示機器

表示コンテンツ

動画や静止画、タッチコンテンツなど、デジタルサイネージに表示させるコンテンツが必要です。常時表示させるものや、特別に表示させるものなど、種類は様々です。

デジタルサイネージ コンテンツ制作・配信運用サービス

600種類のテンプレートでデジタルサイネージのコンテンツを簡単作成

画像3:表示機器

インターネット環境

コンテンツを端末に表示させるためには、インターネット環境が必要です。必要に応じて、オフィスやお店に工事をして環境を整えます。

リコーでは、デジタルサイネージに必要な機材の選定、コンテンツ制作・環境構築すべてをトータルサポート致します。デジタルサイネージの導入・乗り換えにお悩みの方はぜひお問い合わせください。

表示機器

HDMI入力が可能な表示機器にSTB(セットトップボックス)を接続してご利用できます。

モニター

用途や設置環境に合わせて業務用ディスプレイ、マルチディスプレイ、タッチディスプレイ、高輝度ディスプレイ、屋外用ディスプレイ、LEDディスプレイなどいろいろな機器を選択することが可能です。

画像1:表示機器

画像2:表示機器

画像3:表示機器

画像4:表示機器

画像5:表示機器

画像6:表示機器

プロジェクター

用途や設置環境によってはプロジェクターでの投影が有効となります。
例えば、大画面で投影したり夜間ガラス越しに屋外向けに投影するなどでご利用されるケースがあります。

画像1:プロジェクター

画像2:プロジェクター

インタラクティブホワイトボード(電子黒板)

RICOH Interactive Whiteboardのオプションでコントローラーにサイネージ機能を組み込めばSTB(セットトップボックス)が不要なため設置が簡単です*1
また、1台4役で活用ができます。
①打ち合わせの時には黒板として利用できます。
②隙間時間にはサイネージの自動表示で情報発信・情報の平準化に有効活用ができます。
③さらにタッチサイネージとしても利用でき、気になった情報を自ら取りに行くこともできます*2*3
④災害発生時には地震や津波などの緊急災害情報を自動配信でき、社員へ適切な行動を促します*4
打ち合わせ時は画面をタッチすると直ぐに黒板として利用できます。

画像:インタラクティブホワイトボード(電子黒板)

  • *1対応機種:D3210,D5520,D6510,D8400,D8600 (RICOH Interactive Whiteboard Controller Type2が装着されていることが必要です。)
         D3210,D5530,D6520,D7510,D8600 (RICOH Interactive Whiteboard Controller Type3が装着されていることが必要です。)
  • *2タッチサイネージも利用が可能なモードで使用する場合には、右下のスペースを長押ししてメニューからサイネージを終了することで黒板の利用が開始できます。
  • *3タッチサイネージ機能はリコーデジタルサイネージの有料オプションとなります。
  • *4防災/災害情報コンテンツはリコーデジタルサイネージの有料オプションとなります。

配信機器:STB(セットトップボックス)/
インタラクティブホワイトボード (電子黒板)サイネージ連携

設置性に優れているコンパクトで低価格なSTB(セットトップボックス)や、電子黒板と一体になったSTBレスモデルもご用意しております。お客様のネットワーク環境や利用シーンに合わせて最適な機器をご提案します。

<特長>

●STBがコンパクト&ローコスト
設置性に優れているコンパクトなSTB(セットトップボックス)を低価格でご提供します。フルHD画質の静止画/動画はもちろん、4K画質の静止画/動画にも対応しています。また、URLの登録でWebページを表示することも可能です。

●最適な配信機器:STB(セットトップボックス)/ インタラクティブホワイトボード(電子黒板) サイネージ連携をご提案
お客様のネットワーク環境に合わせて最適なSTB(セットトップボックス)をご提案します。無線LAN(2.4GHz、5GHz)、有線LANに対応したSTB(セットトップボックス)をご用意しております。また、会議の合間の有効活用として電子黒板と一体になったSTBレスモデルもあるため、1台4役での活用も可能です。

商品名 RICOH Digital Signage
STB Type1
RICOH Digital Signage
STB Type2
RICOH Interactive
Whiteboard
Signage連携
本体 画像:RICOH Digital Signage STB Type1 画像:RICOH Digital Signage STB Type2 画像:RICOH Interactive Whiteboard Signage連携
タイプ 小型無線対応モデル ボックス型高機能モデル 電子黒板型STBレスモデル
消費電力 5W以下 7W 機種により異なる
ネットワーク
接続方式
無線LAN 2.4GHz 対応 2.4GHz、5GHz 対応 2.4GHz、5GHz 対応
有線LAN -
機能 タッチ対応 -
Webページ表示 -
縦型対応
画面分割 -
画質 静止画 フルHD フルHD
4K
フルHD
動画 フルHD フルHD
4K
フルHD
  • 各STBの詳細はリコーデジタルサイネージSTB(セットトップボックス)の仕様をご確認ください。
  • Webページ表示機能で表示できるWebページはWebサイトの作りによるため、実際の表示画面で検証ください。
    (ページ遷移、ユーザ操作によるスクロールは不可)
  • RICOH Interactive Whiteboardのオプション機能です。
    2020年9月時点での対応機種:D3210,D5520,D6510,D8400,D8600 (RICOH Interactive Whiteboard Controller Type2が装着されていることが必要です。)
                 D3210,D5530,D6520,D7510,D8600 (RICOH Interactive Whiteboard Controller Type3が装着されていることが必要です。)
  • 在庫状況は営業にお問い合わせください。
  • 在庫限り・販売終了のSTBはこちらをご覧ください。

リコーのデジタルサイネージコンテンツ制作の流れ

リコーでは、お客様の利用用途に応じて、2つのコンテンツ制作プランをご用意しています。

図が入ります

  • プランAPLAN A

    自社でのコンテンツの修正は考えていない
    既存のチラシなどのデータを利用したい

    既存データを加工流用しながら、コンテンツの内容にマッチした動きやレイアウトで制作、コンテンツごとに違ったオリジナルなコンテンツに仕上げます。

    チラシやパンフレットデータ 無料素材

  • プランBPLAN B

    オリジナルデザインのテンプレートが欲しい
    軽微な修正や追加は自社で行いたい

    ご提供いただいたデータを元に、流用可能なオリジナルな動きのあるパワーポイントテンプレートを制作。自社での運用をお考えのお客様や、以後の更新費用を安価に抑えたいお客様に最適です。

    オリジナルテンプレートを作成 テンプレートをお客様に納品 お客様でテンプレートを修正・追加

    pptx
    Microsoft PowerPointR のファイル形式。会社名および製品名・ロゴマークは各社の商標または登録商標です。Windows、Microsoft、PowerPoint は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

サポートメニュー

●インターネット接続環境構築
お客様にてご準備または弊社営業にご相談ください。

●コールセンター(無料)
お困りごとやご相談をメールとお電話で承ります。操作方法のご案内や障害切り分け、販売担当者/カスタマーエンジニアとの連携を行います。
※受付時間:平日(月~金)9時~17時(土日、祝祭日及び弊社休業日を除く)
※弊社夏季休業期間及び冬季休業期間は受け付けていません。

●設置・工事サービス(オプション)
STB(セットトップボックス)の設定作業やディスプレイとスタンドの設置など、様々な作業・工事を承ります。
※RICOH Interactive Whiteboardへのサイネージアプリインストールはカスタマーエンジニアの作業が必須となっています。

●操作教育サービス(オプション)
お申し込みいただいたお客様へイラスト入りで誰にでもわかりやすいテキストを使用して、個別で操作教育を実施いたします。

●オンサイトサポート(2年目以降オプション)
コールセンターでの障害切り分け後STB(セットトップボックス)が故障と判断された場合、オンサイトサポートを承ります。カスタマーエンジニアの訪問によるSTB(セットトップボックス)の交換、ネットワーク設定作業を行います。STB(セットトップボックス)は1年間のオンサイトサポート付きです。2年目以降は1年ごとに更新可能な年間保守契約があり、契約可能な期間は最長で納品後5年間です。

画像:サポートメニュー

  • ご契約内容によっては、ご利用いただけないサービスがございます。

リコーデジタルサイネージをご利用になるためには、下記をご購入・ご契約およびご準備いただく必要があります。

項目 詳細                 備考                
初期登録料 導入に関する初期費用として、1社あたり1登録手数料(初回のみ)が必要となります。  
STB(セットトップボックス) 専用STB(セットトップボックス)
*配信を受けるのに必要なコントローラーになります
 
表示装置 表示装置(モニター、プロジェクター、インタラクティブホワイトボード) お客様にてご準備または弊社営業にご相談ください。
設置・工事サービス 設置・工事サービス(オプション) オプションにて設置・工事サービスを承ります
利用料(月額・年額) クラウド使用料として、1STBあたりのご契約が必要となります。 タッチパネル向けコンテンツ(有料)をご利用の場合は、さらに1STBあたりのご契約が必要となります。
オンサイトサポート STB(セットトップボックス)のオンサイト年間保守メニュー(2年目以降オプション) STB(セットトップボックス)は1年間のオンサイトサポート付きです。2年目以降は1年ごとに更新可能な有償の年間保守契約があり、契約可能な期間は最長で納品後5年間です。
その他 インターネット接続環境 お客様にてご準備または弊社営業にご相談ください。

デジタルサイネージまるわかりガイド

PDF版(全16ページ)無料ダウンロード

イメージ

デジタルサイネージの特長や活用目的、実際に導入されたお客様の声などを
わかりやすくまとめた “デジタルサイネージ まるわかりガイド” を
ご用意いたしました。ぜひご一読ください!

以下のような内容を掲載しています。

  • デジタルサイネージとは
  • コンテンツ配信の3つのパターン
  • 4つの活用法
  • 業種・業態別活用例
  • リコーのデジタルサイネージのご紹介
  • お客様の声

資料をダウンロードする