このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

RICOH IM 6000/5000/4000/3500/2500 特長5 スキャナー機能

1パス両面ADFの生産性向上に加え、スキャン機能が充実。
紙文書の電子化効率がアップします。

複合機スキャンソリューション「RICOH カンタン文書活用 タイプZ」(別売)

わかりやすい操作画面で、スキャンした文書の保存先やファイル名などを簡単に設定できます。さらに、紙で受け取った書類をExcel®やWordなどのファイル形式に自動変換できる「カンタン文字認識機能」(オプション)や、「RICOH e-Sharing Box」「Ridoc Document System」との連携によって、より簡単に文書を管理し、活用も可能。業務の効率化を実現します。

画像:複合機スキャンソリューション「RICOH カンタン文書活用 タイプZ」(別売)

カンタン文書登録機能

スキャンした文書の保存先やファイル名などを簡単に画面から設定できます。業務ごとの設定の登録やプレビュー確認も可能です。

画像:カンタン文書登録機能


白紙ページ削除

スキャン時に白紙原稿を検知し、白紙ページを削除したデータを保存することができます。白紙ページを削除することにより、データの容量を小さくでき、また出力時には無駄なページの印刷を防ぎます。

  • スキャン時のみ利用可能です。スキャナー(クラシックモード)では利用できません。

画像:白紙ページ削除


多彩なスキャン方法

利用目的や業務フロー、ネットワーク環境に応じて多彩なスキャンが利用できます。

画像:多彩なスキャン方法

スキャン to フォルダー

スキャンした文書を、ネットワーク上の共有フォルダーやFTPサーバーに直接保存・送信できます。

スキャン to ハードディスク(ドキュメントボックス蓄積)

スキャンした文書をドキュメントボックスに最大3,000文書、1文書あたり2,000ページまで*蓄積できます。

  • *すべての機能を合わせて蓄積できる最大ページ数は合計9,000ページです。
  • ドキュメントボックスに蓄積された文書は、出荷時には3日(72時間)後に消去されるように設定されています。
  • スキャナー(クラシックモード)で利用可能です。

スキャン to メディア

スキャンした文書をUSBメモリー*やSDカード*に直接保存することが可能です。パソコンレスで、紙文書の電子化•保存を簡単に行なうことができます。

  • *すべてのメディアの動作を保証するものではありません。SDカードは32GB以下に対応。
  • メディアプリント&スキャンおよびスキャナー(クラシックモード)で利用可能です。

スキャン to E-Mail

操作画面上で件名/送信者/メール本文/ファイル名を指定してEメール宛先に直接送信可能です。

スキャン to URL

スキャンした文書をハードディスクに蓄積した上で、Web Image MonitorでダウンロードするためのURLをEメールで送信できます。

送信メールサイズに応じた送信方法の自動判別

送信するメールサイズに応じて、スキャン to E-Mail送信、URLリンク送信を自動判別できます。


さまざまな高付加価値PDF

透明テキスト付きPDF

スキャンした原稿の文字情報を、OCR処理によりテキストデータ化し、PDFファイルに埋め込みます。膨大なページ数のデータからでもスピーディーな文字検索が行なえるほか、コピー&ペーストによる文字情報の再利用も簡単です。さらに、データの天地自動補正や白紙除去、自動ファイル名追加なども可能です。

  • OCR変換モジュール タイプM13が必要です。
  • 本機能で使用できるファイル形式は[PDF]または、PDFファイル設定の[クリアライトPDF]、[PDF/A]です。
  • 解像度[100dpi]では使用できません。

PDF/A

電子記録の長期保存を目的とした標準規格PDF/Aに対応。内部統制に関する文書など、長期保管が義務づけられている文書の電子化に最適です。

デジタル署名付PDF

スキャンした文書をPDFフォーマットで保存するとき、デジタル署名をつけて保存でき、電子化した文書を偽造や改ざんのリスクから守ります。

パスワード付暗号化PDF

パスワード設定や暗号化を行なったPDFファイルを作成し、スキャンした文書を保護することで、重要な文書も安心して電子化できます。

  • 暗号化PDFは、PDFダイレクト機能での出力はできません。

ドキュメントボックスのフォルダー管理

ドキュメントボックス内にフォルダーが作成可能。例えば個人ごとや部署ごとに文書の蓄積ができます。また、Web Image Monitorによりドキュメントボックスに蓄積した文書の確認、検索、ダウンロードが行なえます。

  • フォルダーは200件まで作成できます。
  • フォルダーの中にフォルダーを作成することはできません。

画像:ドキュメントボックスのフォルダー管理


プライベートクラウドサービス「RICOH e-Sharing Box」(別売)

複合機でスキャンした文書や受信したファクス文書、またはパソコンで作成した文書などをRICOH e-Sharing Boxに保存すれば、スマートフォンやタブレット端末から簡単にアクセスできます。RICOH クラウドリレーサービス CXを経由することで、外出先でも社内文書の閲覧やファクスの確認が可能です。

画像:プライベートクラウドサービス 「RICOH e-Sharing Box」(別売)

専用アプリから快適に閲覧

スマートデバイス用アプリケーション「Docs Connect」は、PowerPoint®やWordなどの文書閲覧だけではなく、動画*の再生も可能です。

  • *ファイル形式により再生できない場合があります。
画像:専用アプリから快適に閲覧

外出先でファクス文書の確認が可能

会社に届いたファクス文書を外出中にスマートデバイスで閲覧・返信可能。あらかじめ設定しておけばファクスの受信をEメールでお知らせします。

画像:外出先でファクス文書の確認が可能

機器連携ソリューション「RICOH カンタン入出力」(無償公開中)

タブレット端末やスマートフォンを複合機にかざすだけで、プリントやスキャンなどの操作ができる無料のスマートデバイス用アプリです。また、リコー製プロジェクターやインタラクティブホワイトボードとも連携したデータ共有が可能です。スマートデバイスの業務活用の幅を広げるとともに、ペーパーレス化のさらなる推進と高い価値創造をサポートします。

画像:機器連携ソリューション「RICOH カンタン入出力」(無償公開中)


文書の共有や管理をサポートするソフトウェア(別売)

連携ソフトウェア(別売)が文書の共有と管理を支援します。

ドキュメント・ポータル・ソフトウェア

RICOH Desk Navi

ドキュメント管理システム

Ridoc Smart Navigator V2

ドキュメント配信システム

Ridoc GlobalScan Version2

汎用画像フォーマットに対応

白黒2値:シングル/マルチページTIFF、シングル/マルチページPDF
グレースケール/カラー:JPEG、シングルTIFF、シングル/マルチページPDF


充実のスキャナー基本機能

  • ●スキャナー変倍機能
  • ●ファイル分割機能
  • ●見開き原稿スキャン
  • ●サイズ混載
  • ●ドロップアウトカラー
  • ●部分読み取り*1
  • ●センター/枠消去
  • ●ファイル名指定
  • ●プレビュー
  • ●大量原稿
  • ●不定形サイズ
  • ●済スタンプ*2
  • ●POP before SMTP対応
  • ●DSM*1
  • ●S/MIME対応
  • ●WSDスキャナー*1
  • *1スキャナー(クラシックモード)のみ対応。
  • *2ドキュメントフィーダー DF3110を装着または標準搭載したモデルで利用可能です。

NetRICOHオンライン購入

NetRICOHでは、リコー商品、各種消耗品などをインターネットでご注文いただけます。

NetRICOH オンライン購入

お問い合わせ

この製品に関するお問い合わせをメール、電話、FAXで受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ